慢性疲労症候群の症状は?日常生活に支障をきたす恐れも
疲労といわれると、疲れで身体がだるい、身体が重いなどの症状を思い浮かべる方が多いと思います。

疲労なので、休めば治ることがほとんどです。
ところが、同じような症状でも慢性疲労症候群ではこの疲労によって、日常生活もままならないほどになってしまう病気なのです。

慢性疲労症候群とは

慢性疲労症候群の症状は?日常生活に支障をきたす恐れもについてのイラスト いきなり全身が激しい倦怠感に襲われ、その後6か月以上にわたって、強い疲労感とともに、微熱や筋肉痛、抑うつ症状、脱力感、睡眠障害などの症状が長期に続くものです。

病原体の感染や過度のストレスなどさまざまな原因が重なって、神経、免疫、代謝のシステムに障害を起こしてしまい、脳や神経の機能障害が起こるとされていますが、詳細なメカニズムは分かっていません。

患者は全国で約36万人いると推計されています。明確な治療法はなく、免疫力を高める漢方薬などでの治療が行われていますが、有効性にばらつきがあるのが現状です。

慢性疲労症候群の体内代謝に変化

大阪市立大学、理化学研究所、関西福祉科学大学などの共同研究によると、慢性疲労症候群の場合、ピルピン酸という物質とともに形成されるイソクエン酸のピルピン酸に対する濃度比が、症状のない人よりも低いことが判明しました。

このことにより、代謝が進まないことによるエネルギー不足が疲労につながっている可能性が高いことがわかりました。

また、慢性疲労症候群の患者の脳を陽電子放射断層画像法によって調査したところ、脳内に炎症が広がっていることを突き止めました。

炎症が起きた部位によって、抑うつ認知機能低下などの神経症状と関係があると考えられています。

まとめ

慢性疲労症候群の患者は、ウィルスなどの感染症が治癒したり、長時間勤務がなくなったりなど、生活環境ストレスが解消されたあとも、体調不良が続くケースが多いです。

人間には、ストレスによる身体のひずみをもとに戻して健康を保つ機能があります。

疲労などのストレスが過度になってしまうと、ひずみを戻せなくなってしまいます。

疲労度をチェックし、過剰なストレスを防ぐことも健康維持のため、大切なことの一つです。


2017年1月2日 9:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop