慢性期病院の特徴は?評価されている慢性期病院
日本慢性期医療協会は、厚生労働省が2016年度診療報酬改定などおいて、在宅医療を行っている診療所などのホームクリニックを支援する慢性期病院を評価している方向性があるとの認識を示しています。

慢性期という特徴的な病院を、みなさんはご存知ですか?

慢性期病院とは

慢性期病院の特徴は?評価されている慢性期病院についてのイラスト 慢性期病院とは、病気における急性期は脱していて、全身状態は安定しているものの、まだ退院して自宅に戻れるまで状態ではなく、継続的な治療は必要なため、長期の入院加療をするための病院です。

今まで慢性期病院は、入院日数が長くなると診療報酬が低くなるので、早期退院を促さざるを得ませんでした。

ところが、在宅医を協力していくことで評価をされることになり、 早期退院を促しながら、治療を継続できるようになったのです。

慢性期病院を退院して自宅に戻っても、定期的な診察・治療が必要となってきます。

入院していた病院が自宅から近ければ、そのまま通院することができるでしょう。

しかし、病院が遠方のため通院が難しい、通院するための足がないなどの理由から、在宅医に診療を依頼することが多くなっています。

そのため、慢性期病院と診療所の協力が不可欠となっているのです。

今後の慢性期病院のあり方

急性期での入院医療から、慢性期病院での入院治療、さらには在宅医療へと移行される方向性が見えています。

今後は在宅医だけでは困難な治療などを行えるよう、後方支援病床としての機能を果たしつつ、訪問看護サービスを提供し、 在宅医療を支えていく必要性が慢性期病院にはあると考えられています。

まとめ

2018年度には、診療報酬とともに介護報酬も同時改定される予定です。
現在の慢性期病院のあり方を考えつつ、今後の在宅医療についても検討が必要と思われています。

在宅医療を受けているときに入院が必要となった場合、すぐに入院の受け入れができるようにしていくことが今後の慢性期病院に求められているのです。

また在宅医療では、他職種のスタッフが関わってくるので、在宅医と他職種スタッフとの協力体制強化がより必要となってきます。

日本慢性期医療協会でも、在宅医療を行う診療所を支援し、地域包括ケアシステムを完成させるスタンスで活動しています。

今後、さらにその活動が充実していくことが、安心した在宅医療の提供につながるのではないかと考えます。


2016年7月 30日 15:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop