薬物で起きる口腔乾燥とその対処のページです。


薬物で起きる口腔乾燥とその対処

「デュピュイトラン拘縮」指のあたりにしこりはありませんか?

口腔内の唾液が減少することで、口腔内に異常な乾燥を実感すると口腔乾燥症と判断できます。口腔乾燥は不快感だけでなく、虫歯など口腔疾患を招く恐れがあります。口腔乾燥は持病が原因で起きることや、ストレスなど様々な要因で発生します。要因の一つには常用薬の副作用もあり、口腔乾燥の知識は高齢者だけでなく家族も知っておいたほうが良いです。そこで、今回は口腔乾燥の対処法について紹介していきます。

口腔乾燥の症状

口腔乾燥が起きると高齢者にどのような症状が出るのでしょうか。実際に歯科外来でよく聞く主訴の順に紹介します。

食事がしにくい

口腔乾燥症とは、口腔内の水分が減少している状態をさします。口腔内の主な水分といえば「唾液」です。唾液が減少すると、食べ物が飲み込みにくくなります。例をあげれば、ビスケットを想像してみてください。ビスケットを口いっぱいに食べたとしても、口の中がパサパサになってしまい飲み込みにくいですよね。口腔乾燥では、これと同じ現象がおきます。

入れ歯が外れやすい

入れ歯は原則、歯茎と入れ歯の間に唾液を介在させることで吸着させています。唾液の分泌が減少することで、入れ歯は歯茎と吸着しにくくなるため外れやすくなってしまいます。

口が臭い

唾液の中には抗菌因子という物質が含まれています。抗菌因子とは細菌の活動性を抑制する働きがあり、虫歯や歯周病の原因細菌に働きかけます。唾液が減少すると、これら原因細菌の活動性が活発になるため、歯周病の症状の一つである口臭が発生しやすくなります。

歯が痛い

前述の細菌が活性化されるつながりで、虫歯の原因細菌も活発になり虫歯が進行すれば歯に痛みが出ることがあります。

口腔乾燥の原因

では、口腔乾燥はなぜ起きるのでしょうか。口腔乾燥を招く原因をまとめました。

持病

糖尿病や腎臓病・シェーグレン症候群などの持病を抱えている人は、口腔乾燥が起きやすいです。さらに、熱中症など脱水状態になった場合でも口腔乾燥が起きやすいです。

加齢

加齢とともに唾液を分泌する唾液腺に脂肪が付着します。脂肪組織が多くなると、相対的に唾液腺組織が少なくなるため唾液の分泌量が少なくなります。

放射線治療

がんなどで放射線治療を受けた場合は、唾液腺の萎縮を招いて唾液分泌の低下を招く恐れがあります。

薬物の副作用

別の病気の治療や症状改善を目的に薬物を服用している場合、その薬物の副作用で口腔乾燥が起きることがあります。尿が出やすくなる薬やアレルギーの薬、精神薬、消化管の運動を促進させる薬の副作用で起きやすいです。

口腔乾燥に対する対処法

口腔乾燥が起きている場合は、どのように対処をすると良いでしょうか。

人工唾液

人工唾液というローション状の液体を口に含みます。水よりも粘度があるため、持続的に口腔内に残存しやすいです。

水をよく飲む

食事だけでなく、日頃から水をよく飲むと口腔内の乾燥を防止できます。しかし、水を多く飲むため尿へ行く回数が多くなるというデメリットもあります。

唾液腺マッサージ

唾液を分泌する唾液腺をマッサージすることで唾液分泌を促します。唾液腺の中でも耳の前部にある、耳下腺という唾液腺をマッサージすると分泌量が確保できます。

老人にとって口腔乾燥は致命的

高齢者にとって口腔乾燥は日常的に感じる違和感だけでなく、虫歯や歯周病を進行させるきっかけになっています。しかし、口腔乾燥をすぐに治すことは現代の歯科医学では難しいです。もし、常用薬の副作用で口腔乾燥を起こしている場合は、歯科医師だけでなく薬を処方してくれている医院の医師にも相談してみましょう。また、歯科医師に相談すれば人工唾液を処方してくれることもあります。



  • 入居までの流れ

    入居祝い金

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    介護施設ぽーたるの知恵袋

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop