メタボリックシンドロームの診断基準 あなたは大丈夫?
お腹周りが気になってきている人、もしかしたらメタボリックシンドロームかもしれません。

しかし、注意しなければならないのは太っている人だけが該当するわけではないところです。実は痩せている人でもメタボリックシンドロームの可能性があります。

診断基準には腹囲、血液中の中性脂肪、血圧や血糖値などがあり、基準値以上に該当したものが2つ以上ある時にメタボリックシンドロームと診断されます。

腹囲測定が必須項目

メタボリックシンドロームの診断基準 あなたは大丈夫?についてのイラスト メタボリックシンドローム(メタボ)は生活習慣病を発症するリスクが高い内臓肥満の人を指しています。

そのため中年男性のような お腹が出ている人が該当するのではと感じがちですが、実は痩せている人でも該当することがあります。

メタボの診断基準には腹囲が必須項目です。
男性ならウエスト85cm以上、女性は90cm以上の腹囲が基準値になります。

ウエストの細いところではなくおへそ周りで測定するため、意外と痩せているように感じてもこの基準値を超える人がいるようです。

メタボリックシンドロームとは

糖尿病や高血圧などの生活習慣病。
生活習慣病が原因となり心筋梗塞などの命に関わる病気が起こるリスクを高めています。

この生活習慣病になりやすいと言われているのが内臓肥満=メタボです。

メタボの診断には腹囲の他に血圧測定、血液検査で血中脂肪や血糖の状態を調べます。
このうち腹囲が基準値以上であり、その他に2項目以上当てはまるとメタボと診断されます。

メタボ予備軍でも気を付けなければ…

メタボではないと診断されても検査結果によってはメタボ予備軍として診断されることも。

メタボ予備軍には腹囲が基準値以上でも血圧や血糖値などの採血結果が1項目のみ該当する時、腹囲が基準値以下ではあるが血圧や血液検査で1項目該当し、 BMIが25以上の場合が該当します。

もしこれらに当てはまった場合にはメタボの時と同様に生活習慣の見直しを図る必要があります。

まとめ

2人に1人がメタボまたはメタボ予備軍とされているのが40歳から74歳までの男性です。

もし最近太ってきたなと感じているのなら生活習慣を見直して少しでも痩せるようにしませんか?

食事は3食規則正しく食べましょう。
その際には栄養の偏りがないようにメインの他にも野菜もたっぷりと摂るようにします。
また寝る直前の食事は避けましょう。間食もできるだけしないようにするといいですね。

そして運動不足も脂肪を蓄積する原因となりますので意識して身体を動かします。
「運動する時間がない」という人は階段を使う、一駅分歩くなど日常生活の中で身体を動かすように意識をすることで意外と身体を動かすことができるのでお勧めです。

これからの時期はビールがおいしくなりますが、ぜひビール腹にならないように意識して下さいね。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop