植物の緑で癒し効果!子供の成長にも影響する?
などのには癒し効果があるとされています。

ある調査で近所に公園が多い地域で暮らす子供たちは穏やかに育つという結果が出ました。
また思春期における成長年齢も2~2歳半早く成長するとされています。

緑を見ることで癒し効果があると同時に木などの植物から出されている成分を嗅ぐことでもよりこれらの効果が出ると言えます。

植物が人間にもたらすこととは

植物の緑で癒し効果!子供の成長にも影響する?についてのイラスト 緑の多い公園や森林へ出かけ、深呼吸した時にすごくリフレッシュするという経験をしたことがありませんか?
またホッとしますよね。これらは植物が持つ効果です。

植物からはマイナスイオンが放出されているとされています。
マイナスイオンはストレスを軽減してくれる、リラックスさせる効果があるとされています。
そのため緑の多いところで過ごすとリラックスすると考えられます。

また緑という色が癒しの色であると言われています。
昔から植物の緑は馴染みがあるものであり、近くにあると落ち着く色のような気がします。

また気持ちの面でのリラックス効果のほかに目の疲労を癒してくれる効果もあると言われています。
疲れた時に観葉植物や外の景色を見ることで目の疲れが取れるような体験をしたことがある人は少なくないでしょう。

緑が多い環境が子育てに及ぼす影響とは

冒頭で紹介した調査結果はアメリカで行われたものです。
その研究の中で緑が多い・公園が多い環境では少ない地域に住む子供よりも攻撃性が低いという結果が得られたそうです。

確かに緑が多い環境ではのびのびと暮らしているイメージです。
また子供達も公園などで走り回っているような気がします。その日々の過ごし方によって植物の癒し効果を受けているため、攻撃性が少なくなるのかもしれません。

そして育児をする親にとっても公園があるということは子供たちを遊ばせる空間があるということも精神的な安定につながっているのではないでしょうか。

周りに公園がなく家の中だけで過ごしている場合、親にとってもイライラします。
しかし公園に行くことで子供も走り回ってストレスを発散でき、親も緑を見て癒される、気分転換になると言えます。

こうしたことから緑が多い環境での子育ては子供にはもちろん、親にとってもより良い環境になるのではないでしょうか。

まとめ

最近は整備された公園が多くなっています。
中には植物がない公園もありますが、芝生になっている公園や木がある公園も多くあります。

そのような公園で走り回る子供たちはとても楽しそうです。
親たちも芝生の上で寝転んでいる姿を見ると、癒しになっているのではと感じます。

マンションが増えてきて周りに公園がないという環境の子供達もいるでしょう。
その場合毎日は無理でも休みの日には公園へ行き、親子で遊んでみてはいかがでしょうか。きっと子供も親も癒しの時間になるでしょう。


2016年8月23日 19:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop