味覚障害が食事を不健康にする!早期治療を心がけよう!
味覚障害を適切に治療しないと食事がおいしくありません。
おいしくないばかりではなく、不健康な食事をすることになります。
味覚障害は抗がん剤の治療でも起こることがあり、家族の関係性が悪くなってしまうことにもなりかねません。

ストレスでも味覚障害を起こすことがあります。
そのため何が原因の味覚障害なのかを診断し、適切な治療を行うことが必要です。

味覚障害の原因には何がある?

味覚障害は亜鉛不足、薬の副作用、ストレスや体調不良によって起こります。
特に複数の疾患を抱えている高齢者の場合には内服薬も多く、その副作用によって味覚障害が起こることがありますので注意が必要です。

味覚障害はその名の通り、味が分からない・何を食べても味がしない・砂を食べているようだ、といったような症状が出ます。
そのため食事をする際に醤油などの調味料をかけ過ぎることもあり、健康を害してしまうことにもつながってしまうのです。
また食事がまずいということもあり、家族につらく当たってしまうことがあるかもしれません。
そうなると家族との関係性も悪化してしまうことも考えられます。

味覚障害は発症半年なら改善しやすい

高齢者の場合、病気や薬の副作用以外にも味覚障害が起こることがあります。
それは栄養状態が悪化している栄養不足の時です。
特に亜鉛が不足してしまうと味覚障害を起こしてしまうため、注意が必要です。

食が細くなる・偏食することが多い高齢者は亜鉛を始めとする栄養素が不足してしまいがちです。
そのため食事の味が分からず、食事量がさらに少なくなってしまうという悪循環から抜け出せなくなります。

味を感じにくい・何を食べてもおいしくないと感じるようなら早めに受診し、医師の診察を受けましょう。
味覚障害は発症半年なら改善しやすいとのことです。
おいしくない食事よりもおいしく食べる食事がいいですよね。
lass=”after lv3″>

まとめ

味覚障害について少し理解できましたでしょうか?
発症後早めに原因が分かり、適切な治療が行われると改善しやすいと言われています。
そのため「食事がまずい」「味が分からない」というような症状がある場合には早めの受診をおすすめします。

味覚障害によって食事を楽しめないということは一緒に食事をする家族にとっても苦痛です。
何とかおいしい食事を食べて欲しいと思う家族の思いとかけ離れてしまい、家族関係にも影響が出てしまうかもしれません。

そうしたことを予防するためにも症状を感じたら早めの受診をするようにしましょう。


  • 入居までの流れ

    入居祝い金

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    介護施設ぽーたるの知恵袋

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop