聴覚が悪いのではなく脳神経と関係性があった!?『耳が遠い』の原因は?
高齢になると聴覚の機能が低下し、耳が遠くなってしまうイメージがありませんか?
話しかけても返事をしない、テレビを大音量で観ているなどの場面に出会ったことがあるはずです。

高齢になれば誰にでも起こってしまうこの難聴ですが、実は聴覚が悪いのではなく脳神経と関係がありました。
難聴はどうして起こり、耳が遠くなる原因は一体どこにあるのかをご説明したいと思います。

耳が遠くなる原因

聴覚が悪いのではなく脳神経と関係性があった!?『耳が遠い』の原因は?についてのイラスト 耳の中に聴覚を司る感覚器官があります。

この部分に障害が発生したり、神経経路に異常が発生することで音の伝達が上手くいかなくなり耳が遠くなります。

それに加え、脳神経も年齢を重ねると老化するため聞いた音を脳が認知する機能が低下していくということが最近の研究で分かりました。
つまり音は聞き取れているのに脳神経が老化しているため何を言っているのか理解できていない状態になっているわけです。

聴覚で聞きづらい?脳神経が理解できない音とは?

高齢になる高音が聞きづらくなります。
正確に言えば聞こえていても脳神経が理解できない音が出てきます。

若い女性の話す声や、電話の音、車のクラクションなどが挙げられます。
この高音が聞きづらくなると次第に日常会話や低音も聞きづらくなってしまいます。

左右の耳で聞こえる音に差が出ることはなく、両方の耳が同じような状態になります。
この聞こえない音からも聴覚障害が脳神経から起こっていることが裏付けられるのではないでしょうか。

まとめ

高齢者の聴覚障害はイメージで聴覚が悪いと思いがちですが、脳神経が会話を理解するのに時間がかかり上手く聞き取れないことが原因で起こっています。
つまり聴覚が原因ではなかったことになります。

高齢者に話しかけて聞き直された場合はただ大きな声で言い直すのではなく、ゆっくりと大きな声で、そしてできるだけ低い声で言い直すようにしましょう。
そうすることで脳神経が会話を理解しやすくなり、高齢者とスムーズに会話しやすくなるはずです。

聴覚障害は年齢を重ねると共に誰でもなり得る病気です。
高齢者の立場に立って、いかに相手が聞きやすくなるかを考えながら会話をするこができれば素敵な時間を一緒に過ごせることと思います。

何度も聞き直されてイライラしてしまいがちですが、ゆっくりと、低い音で、そして少しだけ大きな声にすれば脳神経もきちんと理解できるはずです。


2016年10月28日 19:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop