物忘れ改善薬が登場!記憶力の改善に本当に役にたつ?
物忘れ改善薬が登場しました。記憶力の改善の効果を謳う商品であり、第3類医薬品として販売されています。
今まではサプリメントで記憶力の改善するという商品が販売されていましたが、医薬品として販売されるのは初めてです。

2015年12月に厚生労働省が特定の生薬の効果についてお墨付きを与えました。
その結果、その生薬を使った医薬品を販売することができるようになったのです。

医薬品としての物忘れ改善薬が販売開始された

物忘れ改善薬が登場!記憶力の改善に本当に役にたつ?についてのイラスト 第3類医薬品として記憶力改善を謳う医薬品が販売開始になりました。

今まではサプリメントなど医薬品以外での販売をしていましたが、医薬品として販売できるようになったのは厚生労働省のお墨付きがあったためです。

厚生労働省がお墨付きを与えたのは特定の生薬です。
その生薬はイトヒメハギという植物の根を乾燥させたオンジというものです。


今までは風邪薬などに使われていたのですが、研究が重ねられるごとにオンジが中高年の物忘れの改善に効果があることが分かったのです。 

そのため、オンジを使った医薬品を開発・販売することができるようになり各製薬会社が開発し、販売を始めたのです。

物忘れは加齢のせい?認知症のせい?

物忘れが気になる方はこの医薬品を試してみようかなと思っているのではないでしょうか?
逆に効果が本当にあるのか疑問を持っている方もいるかもしれません。

まずは気になる物忘れが加齢のためなのかそれとも認知症などの病気のためなのかということをはっきりとさせる必要があります。
まずは受診し、認知症などの病気の心配がない時に市販薬を内服するようにしましょう。

また医薬品を選ぶのか、サプリメントを選ぶのかという悩みもあるかもしれません。
メーカー側はサプリメントで効果が得られなかった方が医薬品を、逆に医薬品に抵抗がある場合にサプリメントを選ぶ傾向があるそうです。

まとめ

物忘れに悩まされるのは高齢者だけではありません。
中年期あたりから悩まされる方も多くなってきます。

一方、高齢者の中には趣味活動をしている中で物忘れがネックになってくる場面があるかもしれません。

例えばダンスの振り付けが覚えられない、人の名前を思い出せないなど様々なことが考えられます。
こうした悩みがある時に物忘れ改善効果のあるサプリメントや医薬品を試してみるといいのかもしれません。

まずは物忘れに対する受診をして、原因が病気でないことをはっきりとさせておくようにしましょう。


2017年10月23日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop