モーニングコールサービスが人気!?高齢者の状態確認のためなら安い!
有料のモーニングコールサービスが注目されています。
毎日決められた時間に離れて暮らす家族に対してモーニングコールをする、という家族向けのサービスも開始されています。

これは月額5000円であり、コール後の報告をメールや電話で受けることができます。
安否確認の意味もあると考えると月額5000円が安いのか高いのかどう捉えますか?

離れて暮らす家族のために、労力をそれほど必要としない方法で安否確認やその報告を受けることができるのは安いと言えるような気がします。

一人暮らし向けのモーニングコールサービス

モーニングコールサービスが人気!?高齢者の状態確認のためなら安い!についてのイラスト ホテルに宿泊した時にモーニングコールを利用したことがありませんか?

そのモーニングコールを離れて暮らす家族に対して行える月5000円で利用できるサービスが注目されています。

このサービスは一人暮らしの家族に対して行われているもので、朝の起床の挨拶の他、簡単な会話もできるとあって、気持ちよく起床できるようになるという効果があります。

また同時に開始されたサービスでは家族見守りコースとして毎日家族に対してモーニングコールをしてくれます。
そしてその結果をメールないし電話で家族に報告してくれるサービスとなっています。

一人暮らしの家族を心配している方も多いのではないでしょうか。そのような不安を抱えている家族に対して有効なサービスと言えます。

高齢者の一人暮らしに有効?

家族を対象にしたモーニングコールサービス。

特に離れて暮らす親世代など一人暮らしをしている高齢者や高齢者のみの世帯にとってこのモーニングコールサービスは安否確認もでき、安くて有効なサービスのような気がします。

毎朝決まった時間にコールをすることで、高齢者の変化に気付くことができます。
そしてコール結果を家族に報告してくれますので、体調の変化などがあった場合も速やかに対応することができます。


月額5000円ですので、料金もそれほど高くなく、安否確認になるのであれば離れて暮らす家族のためにもぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

まとめ

戦後などの地域の中の関わりが密であった頃には、一人暮らしの高齢者がいても毎日誰かしらが声をかけて話をするなどの関係性があったため、このような有料のモーニングコールサービスは不要でした。

しかし地域の関係性が希薄であり、子供世代が近くにいない現代の環境では安否確認をするためにもこういったサービスや見守りサービスがあると安心ですよね。

もし離れて暮らす親が心配である場合、モーニングコールサービスを導入してみてはいかがでしょうか?


2017年6月27日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop