無資格でも大丈夫!保育・介護の求人に高齢者を支援!
無資格の高齢者を不足している保育士介護職の求人にあてるという取り組みが行われています。
この就労支援では就労意欲のある高齢者を対象に保育や介護の求人に対して特化しています。

そして現場の体験から就労面接までのフォローと行っているとのことです。

保育や介護の現場では特に資格を持っていなくても活躍できる場があります。
そうしたところに働きたいと思っている高齢者を就労させることで活躍できるような環境になると言えます。

保育や介護に高齢者の就労を

無資格でも大丈夫!保育・介護の求人に高齢者を支援!についてのイラスト 東京都大田区で行われている就労支援の中に保育や介護へ無資格の高齢者の就労を後押しするものがあります。
保育や介護の現場では慢性的な人材不足が問題になっていますが、その人材として高齢者を就労させる動きをしています。

保育や介護の現場では無資格でも可能な仕事内容が多くあります。特に配膳の補助や掃除などを行うのには特に資格はいりません。
また直接的な身体介護を行うわけでもなく、負担が少なく働くことが可能です。

そして豊富な人生経験や社会経験も高齢者の強みです。
保育の現場では子育てをしてきた実績が、介護の現場では入所者と年齢が近い存在になるため話しやすい環境を作ることができます。

こうしたことから働きたいと思っている高齢者が活躍できる場でもあると言えるのが保育や介護の現場であると考えられます。

働きやすい高齢者が多い

定年退職後をしていてもまだまだ元気であり、働きたいと思っている高齢者が多くいます。
しかしその高齢者たちがいきなり保育や介護の現場に就労するというのは難しいことです。

しかし保育の現場では子育て経験のある人の存在はとてもありがたいものです。
そして介護現場では介護施設などで過ごしている高齢者と年齢が近いということでコミュニケーションを取りやすいと感じる入所者が多くいます。

こうしたメリットを生かして働きたい高齢者たちが活躍できる場へ就労できるようにすることは人手が不足している保育や介護現場にとってもいいことであると言えます。

まとめ

働きたいと思っている高齢者を受け入れる企業はまだまだ多くありません。
また定年退職後に「介護の仕事がしたかった」と言って介護現場に飛び込む人もいます。

そうした高齢者の思いと企業側のマッチングができたら高齢者が活躍できる場が多くなると言えます。

また高齢者自身にとっても経済的な面はもちろん、介護を必要とせず自立した生活を送ることができるようになるのではないでしょうか。


2016年11月8日 15:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop