健康的な食事で夏バテ対策をしましょう!
夏バテ対策には食事が効果的と言われています。
夏の暑い日には食欲も低下してしまいがちですが、夏バテ対策になるような食材を取り入れて、ぜひ夏バテを予防していきましょう。

夏バテによる疲労は食欲低下になり、そこから栄養不足に繋がります。

夏バテに効果的な食材

健康的な食事で夏バテ対策をしましょう!についてのイラスト ビタミンB1とビタミンCは夏バテを予防する栄養素になります。

その中でビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働きをしています。

糖質は三大栄養素の1つです。

また脳を働かせるためには糖質から変換されたエネルギーが必要になります。

この糖質をエネルギーに変換させる働きをするのがビタミンB1です。

ビタミンB1が不足してしまうと糖質から変換されたエネルギーが不足するため、元気がなくなる・脳の働きが鈍くなるなどの影響が出てくるのです。

またビタミンCは生の果物などに多く含まれている栄養素です。
ビタミンCは加熱に弱く、水に溶けやすいものであり新鮮な状態のものを摂取するようにしなければいけません。

またビタミンCはストレスが多いほど取るべき栄養素です。

ビタミンCは病気などからの抵抗力を高めるものであり、ストレスが多く夏バテになりそうな人にとっては必要な栄養素なのです。

夏バテに効果的な食べ方

夏は食欲が低下します。
そのため食べる量も減ってしまいます。

だからといって食べないという選択肢を取らないようにしましょう。

このような食欲が低下している場合には1回の食事を少なくしてもOKです。

しかしその食事は栄養素をしっかり取ることができる内容を意識しましょう。

肉や魚、卵などの良質なタンパク質、先述したビタミンB1やビタミンCを摂るようにします。
そして食事内容が偏らないよう少量ずつでいいのでいろいろな食材を摂るようにしましょう。

また食欲がない時には香辛料や酢などを使ったものを使うと食欲が亢進します。

それでも食欲が出ない時には野菜ジュースなどを飲むことで少し栄養を取ることができます。

まとめ

まだまだ暑い日が続きます。
夏バテから肺炎などの病気を引き起こすこともあります。

そのため栄養を十分に摂ることが大切になります。

しかし暑い日が続くだけで食欲が低下してしまいます。
そうすると栄養不足になり体力や抵抗力の低下につながります。

もし食事が取れないという場合には野菜ジュースを飲む、冷たいスープを摂るなどをお勧めします。
また冷たいそうめんなどの麺類ものど越しが良く食べやすいものです。

またあまりにも食事が取れないような日が続くようなら早めに受診することも大切ですね。


2016年8月26日 9:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop