昔の思い出を話して認知症の進行を防ごう
ある博物館で昔懐かしい民具や写真を飾り、お年寄りが思い出を振り返るような展示をしています。
これは精神科で昔から行われている回想療法と同じ効果があります。
これは認知症予防にも同じ効果を発揮します。
年を取ると物忘れなどの記憶力の低下が生じます。しかし昔の思い出についての記憶は比較的最後まで残っているものです。そのため、思い出すことで記憶力や認知機能の維持・向上につながるのです。

「回想療法」とは

昔の思い出を話して認知症の進行を防ごうについてのイラスト 回想療法は精神科で行われている精神療法で、1960年代にアメリカの医師が提唱しました。 初めはうつ病の患者に対して行われていたそうで、この回想療法が認知されてから徐々に認知症の方にも効果があるということが分かりました。
年を取ると人間はどうしても記憶や認知機能が低下してしまいます。 認知症になってしまうと更に記憶障害や認知機能障害を起こしやすくなり、徐々に進行してしまうのです。
しかし昔の思い出は比較的最後まで覚えていることが多く、何かのきっかけで饒舌に話し出すこともあります。 そこで 昔の思い出を記憶から引き出すためのきっかけを作り思い出させることで脳への刺激を図り、記憶や認知機能の維持・向上を図るのです。

回想療法の効果

回想療法を行うと、昔の記憶が脳の奥深くからよみがえります。 その手続きをすることで脳へ刺激が与えられ脳の活性化にもつながります。また、昔の思い出を振り返り他の人に対して話すという行動も思い出した記憶を保ちながらコミュニケーションを取るといったことになるため、脳の活性化につながります。
更に他の人と思い出を共有する、他の人も話に同意をするといったことで自分自身に自信が付き、自尊心の回復にもつながります。また孤独感や不安の軽減にもつながります。
このような状態になれば日々の生活にも意欲を持つことができます。

簡単にできる回想療法

原則、専門の医師の指示のもと回想療法は行われます。 しかし、普段の生活の中でも回想療法を行うことも可能です。まず、昔の写真、本などの本人が懐かしいと思えるものを用意します。お年寄りはその懐かしい者や写真などを見て昔の思い出を脳の中から引き出します。こちら側から「この写真はいつ頃のものですか?」「この道具はどうやって使うのですか?」などの問いを投げかけても思い出すきっかけになります。
そして昔の思い出を話し始めたらゆっくりと聞きましょう。私たちが家族などから聞いている情報と記憶が違っていることもありますが否定はしません。 話を聞いてくれているということだけでも本人の人生を肯定することになります。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop