悩み相談を無料で!沖縄で女性専用の悩み相談窓口!
沖縄市で無料悩み相談専用の電話が開設されました。
この悩み相談は女性専用であり、育児や介護など様々な悩みについて相談を受ける場となっています。

女性の無料相談窓口

悩み相談を無料で!沖縄で女性専用の悩み相談窓口!についてのイラスト 女性を対象にした無料の悩み相談窓口。都道府県や市町村で行われている窓口もあれば弁護士や企業、NPOが独自に行っている相談窓口があります。

都道府県などの自治体が行っている相談窓口は上記のように育児や介護、いろいろな悩みに対して行われているものが多いようです。

また相談後に必要な行政につなげる、福祉サービスにつなげることができることがメリットになるのではないでしょうか。

しかし幅広い相談を受けるということで専門性が弱くなってしまうというデメリットも考えられます。

一方、弁護士や企業、NPOが行っている相談窓口もあります。
これらはそれぞれの専門性を生かした相談が行えるという強みを持っています。

自分の悩みが何なのかということがはっきりと分かっている場合、解決方法を知りたいという時には適切であると言えます。

しかし有料であることも多いため、その部分はデメリットになるでしょう。

このような窓口があると

このような電話で行える悩み相談があると気軽に相談できるのでは。

また面と向かって相談しにくいこともでも電話なら話ができるということもとてもありがたいような気がします。

特に離婚やDV問題など相談しにくい問題です。
しかし電話であればどこでもできる事を考えると電話相談の窓口のより存在している意味が分かります。

女性を対象としたDV相談などは公共施設のトイレに名刺サイズの相談窓口を記載したものが置いてあります。

DVで悩んでいて相談したいと思っていても家では電話することができない、しかし外出先であれば電話をするチャンスがあるかもしれないと考えると困っている女性の助けになっているかもしれません。

まとめ

電話は面と向かってよりは話をしやすいような気がします。

また家族や友人などに相談しにくいことでも相手が分からない相談窓口であればなお、相談しやすいのではないでしょうか。そう考えるとこれから女性専用の相談窓口ももっと増えてくるのかもしれません。

逆に男性を対象とした相談窓口も開設するべきなのでは。
悩みを抱えているのは女性だけではないはずなので男性が気軽に相談できるような窓口を増やしていけたらいいですよね。


2016年9月9日 19:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop