頭痛がする…熱中症かな?もしかして脳梗塞の前兆かも!
夏の暑いこの時期、熱中症には十分気をつけている方も多いと思います。
熱中症によくみられる症状として頭痛があげられますが、実はそれが脳梗塞前兆かもしれないのです。

若い世代も要注意!

頭痛がする…熱中症かな?もしかして脳梗塞の前兆かも!についてのイラスト 脳梗塞と言えば、 高齢者の病気と思われがちですが、意外と20~30代にも発症しているのです。

原因としては、不規則な生活・栄養バランスの偏った食事・ストレス・喫煙などと考えられています。

また、スノーボード・フットサル・ボルダリングなど首や頭をひねる動作の多いスポーツも頭に衝撃がかかりやすく注意が必要なのです。

脳梗塞の予防方法

夏は汗を多くかくので、気がつかないうちに体内の水分が不足がちになっています。

そうなると、 血液の流れが悪化して、血管が詰まりやすくなり、脳梗塞を発症してしまうのです。

予防は、こまめな水分補給です。ただ水をがぶがぶ飲んでも意味がありません。

汗をかいていなくても、早めの水分補給が大切です。

スポーツ後や営業の際の外出時などはたくさん汗をかいているので、ミネラル分の補給のためにスポーツドリンクが適しています。

こまめに水分補給し、血管をつまらないようにすることが大切です。

まとめ

脳梗塞は徐々に症状が進行するケースも少なくありません。
急に片方の手足に力が入らない、感覚がなくなる、めまいがするなどのことがあったら、脳梗塞の疑いが強いです。

暑いから、熱中症かな・・などと軽く考えず、気になる症状がある場合は早めに受診をして下さい。


2016年8月16日 15:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop