熱中症に注意!被災地熊本で夏日・・・
大きな被害をもたらした熊本地震ですが、その被災地で早くも夏日を記録しました。
避難所に入れずに車の中で過ごしている人やボランティアなど外で活動している人は熱中症になりやすい環境です。

熱中症は気温が高いだけでは起こりません。主な発生原因として高齢者や乳児などの体温調節がうまくできない人、水分が不足している場合など様々な要因が絡み合って起こるものです。

また熱中症ではめまいやふらつきなどの症状が出てきます。症状が出る前に予防しなければなりません。

熱中症とは一体?

熱中症に注意!被災地熊本で夏日・・・についてのイラスト 熱中症とは長時間熱い中で過ごすことで身体の中の水分や電解質のバランスが崩れてしまった状態を指します。重症になれば死に至ることもある病気です。

皆さんは熱い中長時間外にいてめまいや立ちくらみを感じたことはありませんか。その症状が出た時にはすでに軽度の熱中症です。軽度の熱中症の時に水分を取ることで回復することが多いのですが、その後頭痛や吐き気が出てくる、意識がなく身体が熱いという状態になってしまった場合は重症化しています。

今回の熊本地震では車の中で避難生活を送っている人が多くいます。
また避難所で生活している人も同様ですが、皆なるべくトイレに行かなくて済むように意図的に水分を取らないようにしていると言われています。

夏日になった場合に熱中症のリスクを高めてしまうことになるのです。

熱中症を予防するにはどうしたらいい?

高齢者はトイレに行くのを我慢するために水分を控えめにする人が多くいます。また加齢によりのどの渇きを感じにくくなっています。また体温調節機能も加齢によって衰えています。

こうしたことから高齢者は熱中症になりやすいと言えます。熱中症を予防するにはどうしたら良いのでしょうか。水分を取っていれば熱中症にならないとは限りません。

高齢者は特に気温を気にして、部屋の温度や衣類の調節を早めに行うことが大切です。またのどが渇いていなくても水分をしっかりと取りましょう。こまめに熱中症の対策を行っていくことが熱中症の予防にもなります。

まとめ

体温調節機能が低下する高齢者にとって、これからの時期は熱中症のリスクが高くなります。
毎年、熱中症で救急搬送されている方も増えています。また熱中症で命を落としてしまう方もいます。

高齢者は「冷房の風は冷たすぎるから嫌だ」と言って冷房を使用しないこともあります。
また水分も積極的に取ろうとしないこともあります。そうした時は家族など周りの人が声を掛けてください。

この周りの人の声かけも高齢者の熱中症予防の大切な予防策の一つです。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop