眠気の対策に電波で眠気を推定!運転中の高齢者やドライバーの事故防止に!
居眠り運転高齢者の事故はまだまだ多く、また大きな事故につながることもあります。

なかなか減らない居眠り運転の原因と、新しく開発された眠気対策とは運転にどのようなメリットがあるのでしょうか。

運転中に眠気が起こる原因とは?

眠気の対策に電波で眠気を推定!運転中の高齢者やドライバーの事故防止に!についてのイラスト 運転をしたことがある方は一度は眠気に襲われたことがあるのではないでしょうか。

食後やポカポカと温かい車内に眠気が起こることはよくあります。
そのまま寝てしまうと大事故につながることにもなり、とても危険と分かっていても眠くなってしまいますよね。

この眠気はどうして起こるのでしょうか。

それは睡眠不足や疲労、長時間運転することによって集中力が切れてしまうことが原因にあります。

運転は危険を避けるため周囲を確認したり、止まったり常に集中していなくてはいけません。
眠気が起こるとこれらの行動ができなくなり注意力が散漫してしまいます。

そうならないための対策が必要です。

ドップラーセンサーで眠気対策

そんな中、電波を使い心拍数やまばたきを触らずに感知する技術でドライバーの眠気や疲労度、集中力などを把握できる装置が開発されました。

ドップラーセンサーを設置して計測するのですが、このドップラーとは音源が互いに近づいたり遠ざかったりすることで音の高さが変わる現象のことを言います。

この法則を利用し作られたセンサーで、運転席周辺に設置することでドライバーの心拍数やまばたき、信号の識別などを周波数に替えて検出することができるようになりました。

心拍数は精神状態と関係があり、ドライバーの体の状態を把握することができます。
これにより眠気を感じると心拍数に変化が現れセンサーで感知することができるようになり、事故を未然に防ぐ対策として活用が期待されています。

またこのドップラーセンサーは眠気以外でもストレスや集中力、快適性だけでなく呼吸や心拍数の検出も可能であることから高齢者ドライバーの急病対策としても有効な方法と言えます。

高齢者ドライバーの事故が増え続けている現状としてはこのような装置があれば周囲だけでなく、ドライバー自身も安心できるのではないでしょうか。

居眠り運転を防ごう!

居眠り運転には前兆があります。
信号や標識を見落としたり、視界が狭くなってきた、あくびが止まらないなど自覚できる症状は沢山あります。

少しでも眠気を自覚したら休んで眠気を覚ますことがとても大切です。

少しの油断が大事故につながることを忘れないようにしましょう。


2016年12月8日 19:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop