年金受給資格が10年に短縮!高齢者の生活はどう変わるのか?
無年金者を減少させるために年金加入期間が10年あれば年金受給するという法案が可決されました。

しかしもともと基礎年金は支給額が少なく、満期の40年間加入者でも月に約65000円の支給額です。
そして10年間加入の場合には月額約16000円となります。

この金額の年金受給では生活が苦しく、生活保護を受給する高齢者の数も減少するとは言えないような気がしますが…実際はどうなるのでしょうか。

年金加入10年で年金受給!

年金受給資格が10年に短縮!高齢者の生活はどう変わるのか?についてのイラスト 無年金者が問題となっている現状を解決しようと年金加入10年で年金受給できるようにする法案が可決されました。
今までは年金加入が最低25年なければ年金の受給はできませんでした。

しかし今回の法案が可決されたことにより、受給するためには加入している期間が25年間から10年間に短縮されることになりました。

このことにより今まで年金を受給できなかった無年金者のうち、約64万人が年金受給できるようになります。
受給できる年金は老齢基礎年金であり、40年間満期で加入していた人の場合は月額65000円なのですが、10年間加入の場合には月額16000円になるとのことです。


ちなみに今までの加入最低期間の25年間加入していた人の場合には月額40000円の支給になります。

高齢者の生活にどのような影響があるのか

無年金者の問題を解決するために可決された今回の法案で今までは最低25年間加入していなければ老年基礎年金が受給できなかったところ、10年間の加入で受給できるように短縮されました。

しかし受給できる額は月額16000円であり、今まで無年金だった人たちがこの年金を受給して生活ができるかと言われたらとても無理な話です。

月に16000円を受給したとしても今までと生活状況は変わりません。
生活保護を受けている人たちが自立できるかと言われても現実的に考えて無理でしょう。


このことからも今回の年金加入期間を10年に短縮したとしても生活に大きく変化が出てくるわけではなさそうです。
また今回の法案が可決された後も無年金となる人は約26万人いるとのことで、その対応も急がれます。

まとめ

無年金問題を解決するために可決された法案ですが、大きく高齢者たちの生活が良い方向に変化するわけではなさそうです。
そして高齢者の生活保護受給も増加しており、その問題に対しての対策も早めに講じなければなりません。

またこれからも高齢化が進みます。
高齢者の数も増加してくる将来、年金制度が継続していくように財政の確保や見直しをしっかりと行っていただきたいと思います。


2016年11月27日 9:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop