年金の支給問題…支える世代と受給世代の違い
年金は老後の生活を支えると言っても過言ではありません。
私たちの世代は今、保険料として年金の資金を支払っています。

しかし今の高齢者のようにもらえるのかと考えたら不安だけが残ります。

この年金制度には今までいろいろな問題があり、日本中が年金に対して不信感を感じた時期もありました。
若い世代は特に今でも将来の年金支給などに対して不安や不信感を持つ人が少なくはないでしょう。

少子化・超高齢化社会における年金

年金の支給問題…支える世代と受給世代の違いについてのイラスト 今、日本は少子化・超高齢化社会になっています。

そのため、年金を支える世代が少ないのにも関わらず受給する世代が多くなっていくためアンバランスの状態です。

きっとこのまま支給が続けば私たちの世代での年金は微々たるものになるでしょう。
そうなってしまったら大問題です。

過去には年金未納問題や宙に浮いた年金などの問題が多発しました。
そのため年金制度に対し不信感があり年金を納めない人も増えました。

そうなるとさらに年金を支えるものが少なくなり、今後問題になってしまうのです。

年金受給者とその支給を支える世代の言い分

支給を支える世代としては、少子化で超高齢化社会なんだから受給額を下げても良いのではないかと考えている方も多くいます。

しかし受給している高齢者にとっては、いまの現状の受給額でも貧困極まりない状態の高齢者も多いです。

それに、確かに戦後ここまでの発展を支えてきた世代であり苦労をしてきた訳なので年金をしっかりともらうのもうなずけますが、これからのことを考えた時に支えている世代のことも考えて欲しいというのがこちら側の考えでもあります。

ここの考え方の違いはどうやっても埋めることはできないでしょう。
そして私たちが年金を受給する頃にもきっと同じような問題が生じているのではないかと感じます。

まとめ

年金をしっかりと収めていて受給できる場合はそれほど高齢になっての生活に不安はないでしょう。
しかし収めていなかった人に関しては現在受給している額が少なく、とても生活が難しい人もいます。

今後そのような人も増えてくるでしょう。そうなってしまった時に生活の安定をさせるためにさらに国の資金が必要になってしまいます。

年金の受給額が少なければ介護が必要になった時にも困ります。
さらに医療費なども支払いが難しくなった時には命の危険さえあります。

これからさらに少子化や超高齢化社会が進行します。
その時には支える世代が少なくなり年金自体が破綻するかもしれません。

そのような状況になる前にしっかりとしたものを作り上げて私たち世代ももちろんどの世代も安心して暮らしていける世の中にして欲しいものです。


2016年7月23日 19:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop