ねんりんピック!お年寄りの文化と運動の祭典!
ねんりんピックを聞いたことがありますか。ねんりんピックとは全国健康福祉祭の愛称です。年に一度開催されている60歳以上のお年寄りのための文化と運動の祭典です。お年寄りのオリンピックの日本版でしょうか。このねんりんピックを目標に頑張っているお年寄りもいるのではないのでしょうか。

ねんりんピックとは

ねんりんピックは厚労省などの団体が主催しているスポーツや文化の交流大会です。60歳以上を対象としていますが、老若男女が参加できるイベントも多数用意されています。スポーツ部門ではマラソンなどの陸上競技、サッカーやソフトバレーボールなどの球技などがあります。
文化部門では、お年寄りならではの長年の経験を生かした美術などの展覧会が実施されています。イベントでは、健康や食生活、医療に関した展示がされていたり、体験することができます。また、血圧測定などの健康チェックのイベントも開催されています。他にも開催都市に関連したイベントなど様々なイベントが実施されています。

ねんりんピックによる効果

ねんりんピック!お年寄りの文化と運動の祭典!についてのイラスト 人間は目標があると、その目標を達成しようとして意欲を持ち、向上していくものです。そうした意味でもねんりんピックという目標を持つことで自分を高めることができるのではないでしょうか。また、若い世代からお年寄りまで様々なイベントを通して交流ができるということも良い効果があると言えます。
お年寄りは若い世代と比べて外出する機会が減ると言われています。外出の機会が減り、家の中だけで生活していると身体的に運動不足になり、足腰の筋力が低下します。そのため、転びやすくなるなどの弊害が出ます。また、外出しないということは脳への刺激も不足します。脳への刺激が不足するということは考えることが少なくなることとも言えるでしょう。そうすると、物忘れなどの症状に繋がり、進行すれば認知症になる可能性もあります。ねんりんピックの存在は、お年寄りが元気に過ごすための存在であると言えるのではないでしょうか。

最後に

ねんりんピックだけに限らず、お年寄りが元気に過ごしていくには何か目標を持てるようにすることが必要であると感じられます。自立して生活できるお年寄りが増えていけば、今後の高齢化社会でも介護量はそれほどの増加はしないのではないでしょうか。元気なお年寄りが増える、またお年寄りが活躍できる場を作るといったことが高齢化社会における課題であるのかもしれません。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop