夏の熱中症には要注意!症状を今一度見直そう!
真夏日が続き、熱中症予防に努めている方も多いのではないでしょうか。
今一度熱中症の症状などを知り、確実に対策をしていきましょう。

熱中症は重症になると命の危険さえあるものです。
高齢者や乳幼児はもちろんですが、重症化しないようにしていく意識が必要です。

ここでは熱中症について、熱中症の予防についてお話ししていきます。

熱中症とは

夏の熱中症には要注意!症状を今一度見直そう!についてのイラスト 熱中症とは気温や室温などの温度に身体が適応しないために様々な症状が出ることを指しています。

症状は熱中症の程度によって異なってきます。

軽度の熱中症の場合、顔のほてりやめまい、筋肉痛やこむら返りが出てきます。
重症化するにつれて身体のだるさや吐き気、汗が止まらないまたは汗を全くかかない、体温が高い、体が熱い、意識障害などの症状が出てきます。

軽度の時に熱中症と分かれば身体を冷やす、水分補給をするなどで症状を軽減することができるのですが、体温が高く体が熱い、意識障害があるとなるとすぐに病院の受診が必要です。

その際には救急車を呼ぶのが賢明です。

熱中症を予防するには

熱中症を予防するには「水分を取ること」と考えている方が多いのではないでしょうか。

水分を取ることはとても大切なことなのですが、ただ水を飲むのではなく麦茶やスポーツドリンクなどの汗をかいて失われた塩分やミネラルを補給できるものがおすすめです。

また外にいる時だけ熱中症になるのではありません。
室内でも熱中症になるリスクはありますので室温と湿度をこまめに確認し、エアコンや扇風機を使って室内の環境を整えましょう。


外にいる時には日差しを避ける、冷却グッズを使用するなどで対策を摂るようにしましょう。

首元には大きな血管があるため冷やすと身体全体を冷やすことができますのでお勧めです。

もし熱中症になったらどうする?

「もしかして熱中症かも…」となった時には涼しいところへ移動して体を冷やしましょう。
そしてスポーツドリンクなどで水分補給をします。

もし自分で動けないのであれば近くにいる人に助けを求めましょう。

嘔吐をしている、意識がはっきりしないという時には速やかに救急車を呼びましょう。
無理に水分を取らせてしまうと誤嚥してしまいます。

身体を冷やしながら救急車の到着を待つようにします。

外で仕事をしている人や外に出る機会が多い人はしっかりと熱中症対策をしましょう。

また高齢者の場合、部屋にいるから大丈夫と考えがちですが周りの人が室温などを意識しながら快適に過ごすことができるように調整をしていくように心がけましょう。


2017年8月16日 17:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop