認知症初期には介護保険が使えないってホント?
認知症初期には介護保険が使えないことが多いという話がありますが本当でしょうか。

実は認知症の初期にはそれほどひどい認知症の症状が出ないことが多く、介護保険の申請を行っても介護度の判定がされないことがあるためです。

しかし認知症の初期こそそれ以上悪化させないために介護保険によるサービスが大切になってきます。
「認知症かもしれない」と思ったら主治医に相談し、介護認定を受けましょう。

認知症の初期は介護保険が使えないって本当?

認知症初期には介護保険が使えないってホント?についてのイラスト 認知症の初期は物忘れが中心となります。

よって「年のせいかも…」と思って認知症を見逃してしまうことが多いと言われています。

そして症状が物忘れなどであれば主治医に相談しても実際の生活を知らない状態であれば元気に生活をしているということになり、なかなか認知症の診断がされません。

また認知症の初期は身体が元気なことが多く、日常生活は自分でほぼ行えるでしょう。
そうすると 「自立して生活できている」という結果になってしまい、介護認定が下りないことが多いのです。

認知症の初期症状には何があるのか?

認知症の初期に最も多く見られる症状は物忘れです。

しかし物忘れをしても「年のせいかしら?」というように見逃してしまいがちであることや、物忘れをしていることを忘れるという認知症特有の状態になるなども同時に見られることがあります。

また他には怒りっぽくなる、 被害妄想があるなども多く見られる症状です。

もし今までそれほど怒りっぽくなかったのに頑固になるなどの変化が見られたら認知症かもしれないので受診をしましょう。

まとめ

認知症の初期はまだ認知機能などが保たれていることもあるため、物忘れの程度にも波があります。

そのため、「昨日は忘れていたのに今日は覚えている」ということもあります。
このように症状の波を繰り返しながら徐々に悪化していくのです。

そして初期の段階では自分の物忘れを隠そうとすることもあり、なかなか認知症に気付くことができません。こうしたことから認知症の初期に診断されないことが出てくるのです。

もし身近な人が「いつもと違う」「物忘れがひどくなった」と感じた時には専門医の受診をお勧めします。

またその時には家族など身近な人から見てどのように変化があったのかを詳しく伝えましょう。

そうすることで医師も生活上の困難が分かり認知症の診断がしやすいのではないでしょうか。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop