認知症ケアパスとは?認知症の早期発見
認知症ケアパスとは、みなさんご存知ですか?
認知症ケア対策として、さまざまな対策がとられていますが、認知症を早期に発見し、家族や本人への支援が重要となってきます。

そのため、全国各地の自治体で、認知症治療の道筋や相談窓口を記した「認知症ケアパス」の取り組みが進んでいます。

認知症ケアパスって?

認知症ケアパスとは?認知症の早期発見についてのイラスト 認知症ケアパスとは、認知症の方とその家族が、今住んでいる地域の中で本来の生活を営むために、医療者・介護者とともに目標を共有し、それを達成するための連携の仕組みとなります。

認知症の方やその家族が、「いつ、どこで、何をするべきなのか」をわかりやすくまとめたものなのです。

症状の進行に合わせた具体的なケア方法や利用できる医療・介護サービスをあらかじめ知ることができます。

自治体で作成される認知症ケアパスは、他職種で連携をとりながら、ケアを行っていく上での基礎となるものなのです。

認知症ケアパスの活用方法

自治体で作成されているので、家族や地域の人が、「もしかしたら認知症かもしれない」と感じたとき、このケアパスを見れば、近くの相談窓口がすぐにわかります。

また、今利用しているサービスやケアが適切なものか見比べることもできるのです。

また一般的な症状の進行状況についても書かれているので、これからどんなことがあるのか、そんなときにどんなサービスを利用できるのかなども知ることができます。

地域によっては、家族の会などの情報も記されていることもあります。
自分一人で、私たち家族だけが・・という思いで、認知症に立ち向かっていると心が折れそうになります。

そんなことのないように、住み慣れた地域での生活が続けられるようにするために、作られたものが認知症ケアパスなのです。

まとめ

認知症ケアパスは、地域の特色を反映して、自治体が作成しています。

このケアパスを見ることによって、自分や家族が認知症になる前からどんなことが起こるのか、何が必要になってくるのかを知ることができます。

「私は認知症とは関係ないから」と思ってしまいがちですが、この高齢化社会、予防することができない認知症は、誰にでも起こりうる問題なのです。

あなたの住んでいる自治体で認症ケアパスが作成されているのなら、一度目を通してみてはいかかですか?
自分たち家族の今後の生活・老後について、ゆっくり話す時間をもってみませんか?


2016年7月22日 12:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop