人間ドック受けていますか?結果がでるのはいつ?
長野県の病院が人間ドックで歩行姿勢検診を取り入れました。
この検査結果いつ分かるのかというと検査後すぐにその場で分かるそうです。

腰が曲がっている、膝が痛いなどの症状がある女性が多く検査を受けており、今までの検診結果でも膝や腰に負担がかかる歩き方をしている人が多いということが分かったそうです。
その上で関節の動きが悪くなり要介護になる人たちの改善の手助けになればとしています。

人間ドックって?

人間ドック受けていますか?結果がでるのはいつ?についてのイラスト 人間ドックと聞くと一般的な健康診断と同じでは、と感じる人も多くいるのではないでしょうか。

しかし人間ドックと健康診断には大きな違いがあります。

それは検査後に医師から直接説明があるかどうかです。

企業などの入社時に健康診断を義務付けているところが多くあるのですが、その際の健康診断は検査を一通りしたら後日健診結果が郵送などで送られてくるパターンになっています。

しかし人間ドックは健康診断と同様、様々な検査を行います。
そして検査後の結果説明を直接医師から説明を受けることができます。

その場での結果説明では今後の生活で何に注意していくのか、精密検査の必要性などについて直接医師から説明を受けることができ、分からないことを確認し安心できます。

診察結果が出るまでの時間は?

人間ドックでは検査の内容にもよりますが早ければ1~2時間くらいで結果が分かる施設が多いとされています。

当日検査結果が分かるとされている検査内容はCTやMRI、胃カメラやバリウムを内服した胃のレントゲン検査、血液検査や尿検査などです。

血液検査の内容によっては時間がかかるものもありますが大きい施設であれば早めに分かるものが多いでしょう。
しかし逆に施設が小さい、検査器具が揃っていないという場合にはその施設から検査会社に外注するため、さらに時間がかかってしまいます。

すべての検査結果が揃うまでは1か月近くかかることもあります。

また人間ドックで検査を受けた際に「要精密検査」「要検査」となる場合もあります。その際は早めの受診を促すために問題なしの人よりも先に検査結果を郵送または電話で知らせるということもあるそうです。

まとめ

もし人間ドックを受けて「要検査」などの項目があった場合には早急に受診して再度の検査を受けるようにしましょう。
早めに異常が発見されればその病気の治療が早く開始でき、更には治癒する可能性も高くなります。

「いつも再検査だから大丈夫」と放っておくと取り返しのつかないことにつながるかもしれません。
また再検査をして異常がない場合もあります。

人間ドックは元気だからこそ受けていただきたいものです。

健康を維持するためにも定期的に人間ドックを受けるようにしましょう。


2016年8月24日 19:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop