認知症患者失踪!早期発見のため写真公表に
これまで認知症の徘徊による捜索は身体の特徴のみとしてきましたが、近年増加する失踪者の早期発見のため、群馬県では失踪者本人の写真の公開をすることとなりました。

認知症の症状とは

認知症患者失踪!早期発見のため画像公表についてのイラスト まず認知症の症状として、今起こっていたことも、違う作業に取り掛かると忘れてしまうような症状が目立ちます。 その反対に昔の記憶は残りますが、進行とともに失われることが多いようです。
また、順序立てた思考ができなくなり判断力が低下してしまい、時間や場所、名前なども分からなくなります。 妄想、幻覚、暴力、徘徊するといった症状も現れます。うつ、不安感、無気力といった感情障害が起こることもあります。
症状は本人の性格や環境、人間関係などによって発症するといわれています。症状は人により違いがあり、相手や日時によっても違いが出てきます。
また認知症患者の介護をする家族は、徘徊が心配で玄関脇の部屋で寝起きしている方が非常に多いです。 いつ動き出すか分からないので、数時間ごとに目が覚めてしまい介護する側が倒れてしまうケースも実際におこっています。

認知症患者失踪の早期発見

群馬県警によると認知症(疑いも含め)の行方不明者は2015年には前年の25%も増加しました。222人のうちいまだ6人発見に至っていません。認知症患者失踪の場合は、交通ルールを理解できずに事故につながる可能性も高くなります。

「上州くん安全・安心メール」

このメールは群馬県警が07年12月に配信開始した「安全・安心メール」で、登録制となっています。今までは身体的な特徴のみを言葉で伝えられていましたが、現状には限界があるとして沢山の人の情報を求めるために 写真の公開を決定しました。
この写真公開は家族等の意向で了解の元に1ヶ月間メール添付で見られるものとしました。 昨年は37,161名の登録の中、配信数は1,784件ありました。行方不明のメール件数は432件で「上州くん安全・安心メール」が解決の糸口となって発見されたのが7件ありました。

「はいかい高齢者救援システム」を導入

群馬県高崎市は昨年10月、進化する機器、GPS(全地球測位システム)システムを取り入れ「徘徊(はいかい)が長時間になると、事故や凍死の危険性も高まる。発見までのスピードが勝負」と意気込みを語りました。 市内の65歳以上に無償でGPSを貸し出すサービスで、現在貸出数は75人です。
今までに家族からの通報が計9件(8人)ありましたが、最短5分と早くの発見で、遅くても46分後には無事発見されました。歩くことが可能な認知症の人は高崎市では約500人いるようです。
今後も活躍できるように貸し出していく予定です。

まとめ

高齢化が進む昨今、認知症患者の増加も進んでいます。当然徘徊症状のある高齢者も増え、家族にとって気の休まるときがない状態ではないでしょうか。
日進月歩の日本ですから、また明日にはもっと便利な機器が開発されているかもしれません。
本人は元より介護にあたる家族の健康も非常に心配です。デイサービスを利用するなど介護する側もゆとりをもった介護ができるようにさまざまサービスを利用することも大切になってきますね。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop