認知症介護をする家族の悩み
「何度も同じことを聞いたり言ったりする」「置き忘れやしまい忘れが多くなった」「怒りやすくなった」 そんな様子が見られたとき、わたしたちはまず何をすればいいのでしょう。

認知症

認知症介護をする家族の悩みについてのイラスト 家族が認知症かもしれない。認知症ってどういうもの? 『認知症は、正常であった記憶や思考などの能力が脳の病気や障害の為に低下していく障害です。認知症にはいくつかの種類があります。いちばん多いのがアルツハイマー型認知症で、脳神経が変性して脳の一部が萎縮していく過程でおきる認知症です。 次いで多いのが脳梗塞や脳出血などの脳血管障害による血管性認知症です。かつて日本では、血管性認知症が多かったのですが、このタイプは減ってきています。また、アルツハイマー型に血管性認知症が合併している患者さんも多くみられます。』 厚生労働省のHPより抜粋しました。認知症には2つの種類があるのです。認知症が少し理解できたら次は受診です。

早期受診

認知症は治らないから受診をしても無駄だと思う方もいますが、認知症においても早期発見・早期治療が大切です。しかし、受診を拒否される方も見られます。ご家族はどうやって受診させようか悩みます。心配しているのに拒否されるとどうしていいかわからなくなります。イライラもしてきます。無理やり嘘をついて連れて行っても本人がわかってしまい、ますます拒否が強くなります。しかし不安なのは本人もご家族と同じではないでしょうか?なぜか忘れてしまう、自分に対する家族や周りの態度が最近何か変だ。本人もいろいろと感じているはずです。家族が心配していること、なぜ受診が必要か、今どういう状態なのかを真剣に向き合い話すことでと受診を受け入れてくれるかもしれません。色々なトラブルが起こる前に早めに受診をしましょう。

困ったとき悩みがあるとき抱え込まずに まずは相談

・お住まいのまちの『地域包括支援センター』
・認知症の電話相談(社団法人認知症の人と家族の会)
・介護支え合い電話相談
など相談場所は色々あります。ひとりで抱え込まずにまずは相談しましょう。

まとめ

ご家族が認知症と診断されて接し方に困ることもあるでしょう。大変なこともあるでしょう。イライラすることもあるでしょう。でもご本人が一番つらいことも理解してください。頭で理解していても心がダメになりそうなそんな時、いろいろな支援を活用しサポートを受けてください。あなたは決して一人ではないことを忘れないでください。
参考元:厚生労働省


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop