認知症の一人暮らしでも自分らしく。様々なサービスを利用
高齢者の一人暮らし率はますます増えていく一方、本人は気づいていなくても認知の症状が表れて生活に困難をきたす方もいます。そんな認知症を抱えた一人暮らしの高齢者でも日々、自分らしく過ごしている方もいます。どのようにすれば自分らしく過ごすことができるのでしょうか?

近所や地域住民の見守り

認知症の一人暮らしでも自分らしく。様々なサービスを利用についてのイラスト 最初に一人暮らしの高齢者の異変に気付くのは家族以外では近所や地域のお店などです。郵便物が溜まるようになったり、店で同じものばかり買っていたり。そんな地域の気づきから市などに連絡が入り認知症がわかり介護サービスを利用していきます。介護サービスを利用しながらも変わらず近所付き合いをしみんなで支えながら過ごしています。

介護サービスを上手く利用

介護サービスでは小規模多機能型居宅介護という訪問介護だけではなく通いや泊りも組み合わせながら利用できるサービスがあります。普段は訪問介護を利用して回りの支援が出来ない時はお泊まり、新しく友達作りや新たな楽しみを見つけるために通いで。など上手く活用されているようです。買い物や映画館にも一人で出かけ、道に迷ったりした時ようにGPS端末を持っている方もいます。一人でお買い物に行くときはおしゃれもめいいっぱいして楽しんでいるようです。 又普段は訪問サービスを利用し宅配弁当やデイサービスを利用して介護サービスを受けれない日は地域ボランティアのたすけあいサービスが支えている所もあります。

他にもある様々なサービス

お金の管理が難しくなってきたら家庭裁判所で成年後見制度を申し立て後見人となった司法書士などが不動産や財産、お金の管理をしてもらえます。又社会福祉協議会の日常生活自立支援事業がありここの事業内容が理解できれば日々の通帳のお金の出し入れや福祉サービスの手続きを助けてもらえます。介護サービス以外でも様々な企業やNPO法人が家事代行サービスも行っていますので、色々と使うことによってサポートすることができるでしょう。

まとめ

認知症の一人暮らしもその人それぞれの生活支援を受ける事ができれば一人暮らしは可能のようです。どの人も自分らしく過ごせるように何事も頭ごなしに認知症の一人暮らしは無理だと決めつけず出来る事から見つけていって出来ない所だけサポートを受ける。それでその人らしい日々が過ごせるのではないでしょうか。しかし認知症一人暮らしでは近所や地域の方々の力も必要です。元気なうちに自らが地域の活動に参加し近隣関係を築いていくことは必要でしょう。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop