認知症の症状の特徴、買い物の買いすぎは防げない?
認知症症状の中に買い物をし過ぎてしまうという特徴があります。

スーパーに買い物に出かけても何を買いに来たのか分からなくなってしまうため欲しいと思ったものを買ってきてしまうため、結果在庫が多くなってしまう、賞味期限切れのものが多くなってしまうということになります。

認知症の症状の1つでもありますので買い物をしてきても否定せずに受け入れるようにすることが大切です。

認知症の症状である買い物をし過ぎることとは

認知症の症状の特徴、買い物の買いすぎは防げない?についてのイラスト 認知症にみられる特徴的なこととして同じものがたくさん自宅にあるということがあります。

冷蔵庫の中にも食品がたくさん詰まっており、家族で食べるにしても多過ぎるというケースもあります。

なぜ買い物に行くと多く買ってきてしまうのでしょうか。

認知症の方は記憶障害の症状があります。 そのため冷蔵庫の中の把握や、何を買いに来たのかということなどを忘れてしまいます。

またスーパーに出かけた際に「このラーメンはおいしかったから買っておこう」などの以前の記憶を思い出し、それだけをたくさん買ってきてしまうということもあります。

前においしかったもの、家族のために買いたいものなどをたくさん購入してくる傾向があります。

買い物のし過ぎへの対処は?

では認知症の方の買い物への対処はどうしたらいいのでしょうか。

基本的には否定せずに受け入れる態度が求められます。
否定してしまうと自分自身を否定されたと感じ、認知症の症状を悪化させてしまうこともあるためです。

もし買い物に行くスーパーの店員が顔見知りであれば、認知症であることを伝え、買い物をしようとしたものをいったん預かってもらうという手段もあります。
しかし規模が大きいスーパーなどになると協力してもらうのには困難があります。

こまめに家族が買い物の様子を観察する、在庫を確認するなども大切なことです。
そして多く在庫があるもので賞味期限があるものは他の家族が食べるなど工夫をしましょう。

訪問販売などにも注意をすること

通信販売では1度購入するとダイレクトメールが何度も送られてきます。
それを見てしまうと再度購入してしまうリスクになりますので不要なものは送付されないよう手続きをしましょう。

また訪問販売では認知症だとわかると何度も訪問し、売りつけることもありますので見守りが必要です。
家族がこまめに確認をし、もし訪問販売で購入したものがあるようであれば期間内にクーリングオフなどを利用して返品することも必要です。

あとで家族が確認できるように録画するインターホンを付けることも必要ではないでしょうか。


2017年1月19日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop