認知症の徘徊を防ぐためのは周りの声掛け!
認知症の症状の一つ、徘徊。家の中をうろうろしているのであればそれほど問題にならないのですが、家の外に出るようになってしまうととても大変です。外に徘徊してしまった時に探すとなると、とても苦労します。そんな中、ある自治体では高齢者の杖に住所や電話番号などの情報を入れたQRコードを貼り、見つけた人が速やかに家族などに連絡できるようにしました。

認知症の徘徊とは

認知症の徘徊を防ぐためのは周りの声掛け!についてのイラスト 認知症の徘徊に対して、目的もなく歩き回っているだけだろうと思っている方が多いのではないでしょうか。しかし徘徊している本人にとっては目的があって歩き回っているのです。例えば、「部屋が分からなくなったから探している」「何か自分のものが見当たらないから探している」などが挙げられるでしょう。家の中で歩き回ってるだけであれば特に問題はないのですが、一歩家の外に出てしまうととても危険で、命すら落としてしまう可能性があります。

認知症の認識力

認知症の方は物事を認識する力が低下します。そして同様に、危険に対しても感じる力が低下します。なので私たちが普段危険だからしないことでも危険ということが分からずに行動してしまうのです。ここ最近、徘徊している人が遮断機の下りている踏切に進入し、事故になるという報道が多くなりました。これは「遮断機が下りている・電車が来る・入ったら危険」という一連の流れを認識できていないために起こってしまいます。私たちであれば瞬時に判断し、事故を回避できることでも認知症のある方には難しいのです。

徘徊している人を見つけたら

自分の近くで徘徊している様子の人を見つけたらまず、声をかけましょう。その時にいきなり「危ないから」というような態度で出てしまうと恐怖を感じてしまいます。「何かお探しですか」といった柔らかな感じで声をかけると良いですね。そして最寄りの警察に連絡をしましょう。警察が到着するまで一緒に待っていると相手も安心します。その時に近くにお店などがあれば声をかけて協力をしてもらいましょう。話をしている間に何か本人の情報が得られるかもしれません。もし情報が得られたら警察にも伝えてください。

まとめ

現在は無差別に切りつける凶悪な犯罪もあり、自分に関係がなければ関わろうとしないことが多くなりました。それでは今後、認知症の人のみならず介護が必要な人が協力を得られずつらい思いをすることになります。冒頭の自治体の取り組みのように徘徊に対応する様々なアイテムは出てきていますが、誰かが声をかけなければ身元の判明には繋がりません。地域の住民に囲まれて安心して生活できるということが高齢者にとっては非常に重要なのです。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop