匂いの好き嫌いがここまでも違う!?柔軟剤のニオイが他人の迷惑に!
様々な匂い柔軟剤などの製品が販売されています。
その匂いには好き嫌いがあり、中にはその匂いで体調を崩してしまう方もいます。

体調を崩してしまう方は柔軟剤などに含まれている化学物質に反応しているためです。
体調を崩さなくとも自分自身が苦手な匂いを長時間嗅ぐということになってしまってはつらい思いをするだけです。

現在、この柔軟剤などによる健康被害を香害とし、調査・対策を進めています。

柔軟剤などの製品で起こる香害とは

匂いの好き嫌いがここまでも違う!?柔軟剤のニオイが他人の迷惑に!についてのイラスト 近頃、柔軟剤などに製品に匂いが長続きするものが増えてきました。

また洗濯時に匂いを付けるための製品も販売されており、その匂いにこだわる方たちも多くなっています。
またブレンドして自分だけの匂いを楽しんでいる方も多いでしょう。

しかしあなたにとっていい匂いでも他の方にとっては不快に感じているかもしれません。

またその柔軟剤の匂いづけのために使われている化学物質に反応して体調不良を起こしている方もいることをご存知でしょうか?

この化学物質に反応して体調不良を起こすことを香害としています。

香害は受動喫煙と同じ?

喫煙者の近くで煙を吸ってしまうことが受動喫煙ですが、周囲の人の衣服についた化学物質による体調不良も受動的に行っているため、香害は受動喫煙と同じ意味になると言えます。

匂いにこだわりたい方も多くいますが、少しでもその匂いの強さを抑え、周りの人が不快にならないよう気配りをしてみませんか?
柔軟剤や匂いづけの製品の使用量を減らすことから始めてみましょう。

また多数の人が訪れる公共施設でアロマを焚いていることがありますよね。
その匂いも苦手な方は体調不良を起こしてしまいます。

そのため公共施設ではアロマを使用しないなどの取り組みも大切です。

しかし匂いを楽しみたい人もいるため、一概に匂いをすべて無くすことはできません。

匂いを楽しむことも大切ですが、まずは匂いが強すぎない第三者にチェックしてもらうようにしましょう。

まとめ

ドラッグストアなどに行くと様々な匂いのついた柔軟剤や匂いづけ専用の製品などが販売されています。

匂いは人それぞれで感じ方が違います。
そのため周りに配慮しながら使用していくことが大切な心がけになります。

また香害で悩んでいる方は消費者団体が行っている相談窓口で相談してみてはいかがでしょうか?

被害状況を確認し、メーカーなどに対策を検討してもらうよう働きかけています。
一人で悩まずに相談をしてみましょう。


2017年9月24日 17:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop