ノロウイルスが流行する危険大!?遺伝子変異で更なる流行へ!
ノロウイルスが大流行しています。
病院でも集団感染があるなど昨年度よりも猛威を振るっています。

この冬に流行しているノロウイルスは昨年度のノロウイルスとは違う遺伝子を持っているため、「前にノロウイルスに感染したから大丈夫だろう」と思っている方も注意が必要です。

ノロウイルスは接触感染が最も多い感染ルートです。
そのため手洗いやうがいなどの予防を必ず行うようにしましょう。

ノロウイルスの感染経路は?

ノロウイルスが流行する危険大!?遺伝子変異で更なる流行へ!についてのイラスト この冬もノロウイルスが大流行しています。

11月頃から感染者が増え始め、子供や高齢者を始め、大人でも感染するリスクが高くなるため注意が必要です。

また昨年度のノロウイルスとは遺伝子型が異なるため、昨年度感染した方でも再度感染するため「大丈夫」と過信しないようにしましょう。

ノロウイルスはカキなどの二枚貝やノロウイルスが付着した食品などを食べることで感染します。
またノロウイルスに感染している方やノロウイルスが付着している手などが触れた手すりやドアノブなどを第三者が触り、感染するとケースもあります。


他にもノロウイルスに感染した方の嘔吐物などを処理している時にノロウイルスを吸い込んでしまい感染するということもあります。

ノロウイルスを予防しよう!

ノロウイルスの感染から身を守るためには手洗いをすることが効果的です。
特に食事前には必ず手洗いをするようにしてください。

また年末年始で外食をする機会もあるかと思いますが、消毒スプレーや除菌ティッシュなどを使用して手指の清潔を保つようにしてください。

家族でノロウイルスに感染した方がいる場合にも注意が必要です。
特に嘔吐物や排泄物の処理をする時に感染してしまうこともありますのでマスクと手袋をするようにしてください。


処理後は必ず手洗いやうがいをするようにしましょう。

部屋の換気を行いながら使い捨てのペーパーなどを使用し、汚物を取り除きます。
そして袋に入れたペーパーに消毒液をかけます。汚染された床も消毒液をかけ、10分程度放置しておきます。

消毒液の作り方

汚染された衣類などを消毒するためには次亜塩素系の漂白剤を使用します。
市販されている次亜塩素系の漂白剤(濃度が5~6%)を薄めて消毒液を作ります。

簡単に作るにはペットボトルを使いましょう。

手すりなどを消毒する場合には500mlのペットボトル5本分の水に対して漂白剤をペットボトルのキャップ2杯分入れます。
また嘔吐物などに直接かける時には500mlのペットボトル1本分の水に対してキャップ2杯分の漂白剤を入れましょう。


漂白剤のため衣類などにかけると白くなってしまうこともありますので注意が必要です。

まとめ

非常に気温も低く、風邪にもかかってしまいやすいこの季節。
様々な病気への対策が求められていますが、その中でも感染力の強いのがこのノロウイルスです。

「マスクをしているから大丈夫だろう」などの慢心が感染を招いてしまう恐れもあります。

高齢者などだと死亡するケースもありますので、十分に注意して過ごしたいものですね。


2017年1月20日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop