ノロウイルスの対策に、手の2回洗いが有効かもしれない!
毎年11月頃になるとニュースでノロウイルスの話題を見かけるようになります。

ノロウイルスには予防注射などがなく感染を自分で防ぐしかありません。
乳児や高齢者はノロウイルスになることで脱水や肺炎を起こし亡くなることもあります。

ノロウイルス対策とはどんな方法なのでしょうか。

ノロウイルスとは

ノロウイルスの対策に、手の2回洗いが有効かもしれない!についてのイラスト 感染性胃腸炎の原因となるウイルスで二枚貝などに含まれているものです。
人から人へ感染し、その感染力の強さから集団感染につながることも少なくありません。

飛沫感染や空気感染、おう吐物に触れることで感染したり、感染者が調理したものを食べて感染することもあります。
症状は激しいおう吐と下痢、腹痛、発熱などで感染してから1~2日で症状がでます。


ノロウイルス対策には事前の準備と正しい処理方法の知識が必要です。

おう吐物の処理方法

ノロウイルス感染者のおう吐物や下痢にはウイルスが沢山入っていますので素手で触らないようにしましょう。

マスクを着け、おう吐物を包み込むように新聞紙や紙、タオルで拭き取って下さい。
拭き取ったものはビニール袋に入れ密閉してから捨てるようにしましょう。


カーペットなどの上におう吐した時は濡れたカーペットが乾くとウイルスが飛散しますので次亜塩素酸ナトリウムをカーペットにかけ消毒して下さい。

次亜塩素酸がない場合にはノロウイルスは熱に弱いので熱湯で洗うようにしましょう。

汚れた衣類なども同じような方法で処理して下さい。
衣類用ハイターには次亜塩素酸が入っていないものだと予防効果はありませんので注意が必要です。

ノロウイルスの予防方法

ノロウイルス対策として効果的なことは手洗いを徹底することです。

調理の前、食事の前、帰宅時などきちんと手を洗うようにしましょう。
石鹸でよく洗い、2回繰り返すことが有効とも言われています。指の間、手首は汚れが落ちにくいので念入りにするといいでしょう。

食品を加熱して食べるようにすることもノロウイルスには対策では重要なことです。食事を介して感染することもあるので調理する際には十分加熱してノロウイルスを死滅させるようにします。

最後に先ほどもご紹介しましたが、おう吐物や下痢の処理を正しい方法ですることです。

正しい方法で処理されないと感染がどんどん拡大してしまう恐れがあります。
おう吐物の処理者がウイルスの付いた手でドアノブを触って、それを別の人が触るだけでノロウイルスは感染してしまいます。

正しい処理方法がとても大切です。


2016年12月18日 12:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop