農業は健康にいい!?高齢者にとって仕事以外のメリットも!
農業健康にいいと言われています。
これはある大学の研究によって判明したことなのですが、農作業をすると脂質異常症や高血圧症を抑制する効果があるとのことです。
このことから農業をすることは健康に好影響であると言え、健康寿命を延ばす効果もあると言えます。

農業をすると体を動かし、運動の効果も得られます。
定年退職後に体を動かす機会が少なくなる時に、家庭菜園をするのもおすすめです。

農業が健康に好影響を与えている

農業機械が原因の死亡事故が増加している…農業は危険な仕事?についてのイラスト 農業をしている人は、脂質異常症や高血圧を発症するリスクが低くなるそうです。
これは島根大学の教授らが行った研究で判明しました。

脂質異常症に関しては農家の人に比べて農家でない人は約2倍の発症率となっています。
高血圧も同様で農家でない人の発症率が高くなっており、農家の人の血圧はそうでない人と比較した時に低めとなっています。

脂質異常症や高血圧症は動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞の発症リスクを高めてしまいます。
そのため健康寿命を延ばし、いつまでも健康に過ごすことができます。

なぜ農作業は体にいいのか

農作業をする時には全身を使います。
そのため全身運動になります。
ちなみに先ほどお伝えした脂質異常症や高血圧症は生活習慣病の中に含まれます。

生活習慣病は様々な病気のリスクを高めてしまいますので、年齢関係なくしっかりと予防することが必要なのです。
この生活習慣病の予防のために運動はとても大切であり、運動習慣を持つことが進められているのです。

農業をすることで体に適度な負荷がかかります。
そのため体脂肪がエネルギーとして使われることで肥満を予防することができます。

定年退職後に家で何もしないで過ごしていると運動不足から筋力低下はもちろん、生活習慣病のリスクも高まります。
そのため無理なくできる家庭菜園をするところから始めてみるといいかもしれません。

まとめ

農業が健康にいいということが判明しました。
定年退職後に趣味などがなく家で過ごしがちな人は家の畑やレンタルできる畑で自分たちの食べる分の野菜などを作ってみてはいかがですか?

最近は品種改良されて誰でも簡単に育てることができるものがたくさんあります。
畑作業をしていると野菜などに愛情を持てるのでおいしい野菜ができますよ。
元気に長生きをすることは健康寿命を延ばすことになります。
介護が必要にならないようにするためにも農業をしながら健康を維持していくのもおすすめですよ。


2017年10月30日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop