気になる老人ホーム仕組みや種類について
有料老人ホームなどの施設に入所する際に気になる点といえば料金や他の施設との違いではないでしょうか?入居一時金だけを払う方式や一時金なしで毎月支払う方式、さらには両方を払う方式もありどれを選べばよいのか迷ってしまいますよね。今回は入居の仕組みを調べました。

老人ホームについて

老人ホームとは、一般的に高齢者が入居する施設のことです。日本の法律上、これに該当するものは、有料老人ホームと老人福祉施設との2種類があります。

老人ホームにはどんな種類

リハビリや認知症介護などを目的とした施設と、介護の程度によって利用の可否がある施設が何種類かあります。

老人保健施設

リハビリに重点をおき介護を目的とした施設です。医学的な管理のもとでの介護や看護・リハビリを受けられます。ただし、ほとんどの場合入所期間が3か月となります。病院の治療が終わり自宅での生活のための訓練などのためのものです。または他の施設への転院の準備などのために利用することもあります。

特別養護老人ホーム

常に介護を要する場合に、自宅での介護が不可能な方のための施設です。日常生活の食事や介護などや健康管理を受けられます。1か月の施設サービス費がほかに比べて低くなっています。しかし、入所希望者が非常に多く、長期間入所待ちというのが現状です。

有料老人ホーム

特別養護老人ホーム同様に自宅での介護が難しい方のための施設です。居室のすべてが個室となります。また、入居時に支払う一時金の他にも費用負担は特別養護老人ホームより多くなります。

グループホーム

認知症の方のための施設です。認知症の高齢者の方が共同で生活をする施設です。食事や入浴などの介護や支援、また機能訓練も受けられます。

ケアハウス

比較的軽度の方にの施設です。日常生活を自立できる高齢者の方向けの施設です。基本的には日常的に介護が必要となった場合、退去ということもあります。

サービス付き高齢者住宅

近年増加の施設が「サービス付き高齢者住宅」です。居室はバリアフリーで、安否確認や生活相談などが行われています。訪問介護サービスなどについても、自宅での介護保険を利用と同様に利用できます。

介護保険施設とは

介護保険施設には、必要な介護サービスによって「介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)」「介護老人保健施設」「介護療養型医療施設」の3タイプあります。

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

生活介護が中心の施設で、介護やリハビリが中心の施設です。医療が中心の施設になります。こちらの施設サービスは、要支援1・2の方は利用できません。料金体制は、施設サービス費の1割に加え、食費・居住費・日常生活費が自己負担となります。費用については、要介護度や、部屋のタイプによって異なります。

介護老人福祉施設・介護老人保健施設

長期の入所以外にも、ショートステイ、デイサービスやデイケアが利用できます。こちらのサービスは要支援1・2の方も利用できます。介護保健施設には、入所以外でも自宅で介護を受ける方への介護保険サービスを提供しています。住み慣れた地域での生活ができるようにさまざまな介護保険サービスもあります。

有料老人ホームについて

65歳以上の高齢者が日常生活の介護サービスや、生活介護サービスを受けることができる民間経営の高齢者施設です。サービス内容や居者の健康状態により、介護付き有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・健康型有料老人ホームの3タイプに分かれます。

介護付き有料老人ホーム

介護が必要な人が対象です。介護保険で特定入所者生活介護の指定を受け、スタッフによる食事・入浴などの介護サービスや機能訓練が受けられます。

住宅型有料老人ホーム

介護が必要な人も、必要でない人も入居できます。介護が必要な人には、訪問介護サービスやデイサービスなどの在宅介護サービスを利用することが出来ます。

健康型有料老人ホーム

自立した人が対象です。元気な高齢者が、楽しく毎日を送ることを目的とした施設です。食事の提供はありますが、もし介護が必要となった場合は、退去しなければなりません。

有料老人ホームの費用

老人ホーム入居一時金、仕組み確かめてについてのイラスト 有料老人ホームの費用は、入居時に支払う入居一時金と、毎月支払う月額利用料があります。主に民間業者が運営しており、費用はそのホームの「設備・サービス・場所」などの環境により大きな差があるのが現実です。月額利用料は、管理費、食費や光熱費などがかかります。また、介護度ににより介護保険1割の自己負担分が必要です。他にも、おむつなどの消耗品費、医療費などが必要となります。有料老人ホームに入居すれば「月額費用」がかかります。この月々かかる費用は、各ホームによって異なります。有料老人ホームは、医療的な処置を行うことはできません。嘱託医や協力医療機関を定めていて、健康管理や緊急時の対応などに医療機関を受診した際には、医療費が自己負担となります。介護保険の自己負担分は介護度により定められていますが、その他の費用は施設によって異なります。

入居金(入居一時金)とは

入居する際に必要な費用のことです。入居後、一定期間で償却されます。償却前に退去、死亡した場合には、一定額が返還されることとなります。有料老人ホームと契約した場合、「契約から90日以内に契約を解除した場合は入居一時金は全額返還」という、いわゆるクーリングオフできることとなっています。

まとめ

有料老人ホームでは、毎日の生活を快適に過ごすために、さまざまなサービスを提供しています。介護サービスの内容は、有料老人ホームを選ぶときの重要なポイントです。また、介護が必要になったとき、どのような介護サービスを受けることができるのか、など確認しましょう。利用の際、迷ったり困ったときなどは、最寄の施設へ直接相談に行ってみるのも良いでしょう。入所前に見学に行ったり、サービス内容や利用料について確認をしたうえで申し込むことが重要です。
参考元: 朝日新聞


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop