高齢者の入浴事故を防ぐ!入浴の手順を見直そう!
高齢者入浴事故が増える時期になってきました。
寒い日にはゆっくりと入浴したいと思っている高齢者も増えてきます。

しかし入浴習慣によってはヒートショックや転倒などの事故を起こしてしまうことも考えられます。

高齢者の入浴事故が増加してくる時期を前にもう一度入浴習慣を見直してみませんか?

ヒートショックや転倒事故などの入浴事故

高齢者の入浴事故を防ぐ!入浴の手順を見直そう!についてのイラスト 過ごしやすい日が続いていますが、あっという間に寒い日が続くようになります。

その時に温かいお風呂に入って身体を温めたいと思うのは高齢者もそうでない世代も同じ感覚でしょう。

しかし寒い日の入浴に関しては間違った入浴習慣で事故を起こしてしまうこともあり、注意しなければなりません。

特に高齢者は寒暖の差に弱く、足元もふらつきやすいことから安全な入浴を意識していきましょう。

まずはヒートショックと呼ばれる事故です。

この事故は寒い脱衣場で身体が冷えた状態で浴槽に入ることで起きます。血圧が急に変動してしまい意識消失などを起こしてしまうものですが、高齢者に多く発生しています。

また身体が温まらずに長湯をしてしまい立ち上がった時にふらつき転倒するという事故も多くなっています。

浴槽の中で転倒してしまうと溺死する可能性もありとても危険な事故です。

入浴事故を防ぐためにはどうしたらいいのか

高齢者がヒートショックなどの事故を起こさずに安全に入浴するためにはどうしたらいいのでしょうか。

まずは脱衣場を暖めておき、浴室との温度差がないようにしておくことが大切です。

脱衣場には暖房器具を置き室温を上げておきます。

浴室は浴槽のふたを開けておく、シャワーを出しておき暖めておくことで寒暖の差を防ぐことができます。

同時にお湯の温度も40~41℃程度になるようにしておきましょう。

高齢者はなかなか身体が温まらないことから42度以上で入浴するケースも多いと言われています。

しかし42℃では血圧上昇を引き起こしてしまいます。

また入浴するタイミングにも注意をしましょう。

夕食後に入浴するよりも夕方入浴することで事故を起こすリスクを低下させることができるそうです。

食後は消化器系へ血液が多く運ばれているため、入浴による血圧変動が起こりやすい時間帯です。

また夜よりも夕方の方が外気との温度差が少ないため負担が少なくなります。

まとめ

日本人はゆっくりと入浴することを好みます。

また高齢者のように体温調節機能が低下している場合には熱いお湯を好みます。

そうしたことで入浴中の事故のリスクが上がってしまいます。

身体に係る負担を最小限し、気持ちの良い入浴ができるよう今一度自分自身の入浴習慣を見直してみませんか?

もし家族に高齢者がいる場合にも入浴習慣を見直し、安全に入浴できるように意識していきましょう。


2016年9月28日 9:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop