入浴の介護は疲れてしまう…そんな時こそサービスを利用しましょう!
自宅で介護をされている方、入浴の時の負担がとても大きいのではないでしょうか。
自宅で介護をしている時こそ入浴の介護サービスを利用しましょう。

自宅で利用できる入浴の介護サービスには訪問介護による入浴介助、訪問入浴、通所介護を利用するなどが挙げられます。
こうした介護サービスを利用し、自宅での介護負担を減らしていきましょう。

入浴の介助はとても重労働です。
プロの力を借りることも介護をしている方の負担減につながります。

訪問介護の入浴介助を利用する

入浴の介護は疲れてしまう…そんな時こそサービスを利用しましょう!についてのイラスト 訪問介護とは自宅に訪問ヘルパーが訪問し、身体面のケアを行う介護サービスです。

他にも食事の準備などの日常生活動作以外の介助をする時もあります。
この訪問介護を利用した入浴は、自宅でヘルパーと一緒に安全に入浴できるのが特徴です。

要介護者の体格などにより訪問ヘルパーが2人で対応することもありますが、基本的には1人のヘルパーで対応しています。
衣服の着替えから洗体、浴槽への移動介助などを行いますが、過度な介助にならないよう介助が不要な部分は見守りをする形になります。


料金は通常の訪問介護を利用した時と大きく変わりませんが、地域や訪問介護を提供している事業所の体制などで変動がありますので確認しましょう。

自宅に浴槽を持ち込む訪問入浴

次に訪問入浴についてです。
訪問入浴は自宅に介護職と看護職(介護職のみの場合もあり)が訪問し、その場で簡易浴槽を組み立てて入浴をする介護サービスです。

自宅の水道から訪問入浴車に水を引き込み、ボイラーでお湯を沸かしてそのお湯で入浴をします。

寝たきりの方でもお湯に浸かることができますので、自宅で入浴できないという方でも対応可能です。
もちろん、入浴前の着替えから入浴、浴後の着替えまで行ってくれます。


お湯にゆっくりと浸かることは心身ともにリラックスすることになります。
また寝たきりの方が入浴ができない期間が長くなってしまうと褥瘡などの皮膚トラブルのリスクも高まります。

そうしたことを予防することもできるのが訪問入浴のメリットになります。

ケアマネジャ-に相談しましょう

もし自宅での入浴に困っている場合には、担当のケアマネジャーに相談してみましょう。
必要に応じて訪問介護の入浴介助や訪問入浴サービスをケアプランの中に組み込むことができます。

自宅で大きな負担を抱えて入浴させるのは介護者にとってもとても負担が大きくなります。

そのため、介護のプロの力を借りて介護者が少し休む時間を持つことも大切なことです。


2017年6月1日 17:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop