効果のある入浴剤として炭酸タイプが人気!血行促進の効果も!
寒い日が続いています。
そのような日にゆっくりとお風呂で身体を温めたいと思った時に入浴剤を使用しますよね。

しかしたくさんの種類がある入浴剤、効果があるのはどのようなものなのか迷います。

今入浴剤で人気なのは炭酸タイプと言われています。
その他にも効果を意識した入浴剤も増えてきていますので、ご自身の症状に合わせて選択してみてはいかがでしょうか。

炭酸タイプの入浴剤が人気!!

効果のある入浴剤として炭酸タイプが人気!血行促進の効果も!についてのイラスト 最近売り上げが伸びているのが炭酸タイプの入浴剤です。
炭酸ガスとは二酸化炭素のことですが、血行を促進してくれる働きをしてくれるとのことです。

ある入浴剤メーカーによると炭酸タイプの入浴剤の売り上げがこの5年で2割伸びているそうです。
そして入浴剤の4割を占めているとのことです。


明治時代から昔からゆず湯などとして入浴剤は使用されていました。
1960年代に家庭用の浴槽が普及してきてから入浴剤が個人的に広がってきたそうです。

様々な入浴剤を効果によって選択する

もともと入浴にはリラックス効果があるとされています。
入浴するということは身体を温める他、水圧や浮力により効果がもたらされます。

お湯に入ると身体に水圧がかかります。
そうすると心臓の動きが活発になり、全身の血液の循環が良くなります。

また浮力は身体が感じている緊張をほぐしてくれます。
これらにお湯の温かさが加わり、リラックス効果につながるのです。

そして入浴剤を入れることで香りや炭酸ガスなどの効果をプラスすることができます。
また入浴剤によっては美肌効果なども効果として得られるものもあるため、自分が欲しい効果を持った入浴剤を使用しましょう。

入浴をする時のポイントとは

感じている症状に合わせてお湯の温度を変える、入浴する時間を変えるなどで効果を得ることができます。
例えばストレスを感じている時には40℃以下のぬるめのお湯にゆっくり浸かる、逆にシャキッとしたい時には42℃程度のお湯にさっと浸かるなどです。

このように入浴することで交感神経や副交感神経をコントロールすることができます。
しかし体調や持病、年齢などによってはお風呂の温度1つでも体調不良を起こしてしまうこともありますので注意が必要になります。

そして今回ご紹介した炭酸ガスを発生させて全身の血行を良くするなどの効果を持つ入浴剤を取り入れることでさらに効果的な入浴をすることができます。

寒い日こそ効能のある入浴剤を使用してお風呂タイムを楽しみませんか?


2016年11月22日 19:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop