O-157の治療方法と潜伏期間について!流行りのO-157から身を守る!
O-157による食中毒が発生しています。
このO-157の治療潜伏期間についてここではまとめていきます。

O-157は夏場に起こることが多い食中毒の原因菌になります。
感染すると激しい腹痛を伴う嘔吐や下痢などの症状が生じ、重症化すると命を落とすリスクも高いものになります。

食材をしっかりと加熱するなどの対策で予防することができます。
まだまだ暑い日が続きますのでO-157に感染しないように注意していきましょう。

O-157とは何か

O-157の治療方法と潜伏期間について!流行りのO-157から身を守る!についてのイラスト O-157は大腸菌の一種であり、腸管出血性大腸菌のことを指しています。

感染力が強く、少量の菌でも感染し、症状を引き起こします。

感染後、3~5日間の潜伏期間をおき、症状が起こります。
症状には激しい腹痛を伴う嘔吐や下痢から始まり、腸管からの出血を伴う血便が出ることもあります。

高齢者や乳幼児は重症化しやすく溶血性尿毒症症候群や脳症を起こしてしまい、最悪の場合命を落としてしまうこともあります。

治療には下痢や嘔吐に対する脱水予防の点滴、抗生物質の投与などがあります。

下痢だと思って下痢止めを自己判断で内服すると毒素が排出されませんので受診が必要です。

O-157から身を守るためには

O-157は加熱が不十分な肉を食べるなどがきっかけで感染します。

またO-157を保菌している人が触った食材などを口に入れてしまうことでも感染がおこります。
そのため調理をする場合には手指消毒はもちろん、食材を十分に加熱することが大切です。

野菜などは100℃の熱湯で5~10秒加熱する、肉や卵は中心まで1分以上加熱することを家庭でも心がけましょう。

また調理器具を消毒することも忘れないようにしましょう。
洗剤で洗った後、熱湯消毒や消毒液による消毒をすることで衛生管理が可能です。

そして感染者が出た場合には、その感染者が触れた部分を消毒することも大切です。

特にトイレや手洗い場に関してはO-157が飛散していることも考えられます。
そのためしっかりと消毒をしましょう。

消毒液の作り方はネットでも様々公開されていますので参考にしてみて下さいね。

まとめ

今回ニュースになったのはスーパーの総菜を購入し、食べて感染したと考えられるケースです。

症状なくO-157に感染している人もいるため、知らず知らずのうちに感染を広げてしまっていることもあります。

特に夏場は食材が傷みやすい時期です。
そのためしっかりと衛生管理を行うこと、調理器具の消毒や食材の加熱をしっかりと行うなどの対策を取り、感染予防をに努めていきましょう。


2017年9月15日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop