O157が老人ホームで急増中!症状と気になる予防方法は?
下痢や腹痛などの食中毒症状が起こるO157
老人ホームで提供された食事でO157に感染し命を落としてしまった高齢者がいます。

O157の予防には食品を加熱せずに提供する時に殺菌をしてからというマニュアルもあるとのこと。
しかしこの老人ホームでの調理過程ではその工程が行われていなかったそうです。

O157感染症とは

O157が老人ホームで急増中!症状と気になる予防方法は?についてのイラスト  O157とは腸管出血性大腸菌のことです。

大腸菌は無害のものもあるのですが、このO157に関してはベロ毒素と呼ばれる毒素を排出し、溶血性尿毒症症候群やけいれんや意識障害などの脳症を引き起こしてしまいます。

また感染力がとても強く、100個程度のO157が体内に入るだけで症状を引き起こすとされています。
そのため抵抗力が弱っている高齢者にとってはとても危険なものなのです。

症状としては激しい腹痛、下痢が続き血便が出ます。
また倦怠感や意識が混濁する、尿量が減少するなどの症状が出ます。

そして溶結性尿毒症症候群のように重症化していきます。

O157を予防するには

命を落とすこともあるO157ですが、どのように予防をしていけばよいのでしょうか。

まずは食品を選ぶ際にはできるだけ新鮮なものを選ぶように意識しましょう。
特に肉や魚類は新鮮なものを選択すると共に、汁が他の食品へ付着しないようにしておきましょう。

また調理をする時はしっかりと加熱しましょう。
加熱しないサラダなどの料理では肉や魚類の汁がかからないようにすると共にしっかりと流水で洗うようにします。

そして加熱しない食品に触れる時には消毒をする、手袋をするなど清潔な状態で調理するようにします。

O157は常温でも繁殖する菌であるため、調理をする前の食品やした後の食品を室温の中で長時間保管するのは避けてください。

まな板やふきんなどの調理器具に関してもしっかりと消毒するようにします。

次亜塩素ナトリウムと呼ばれる消毒液を表示通りに薄めて浸け置きして消毒します。

老人ホームでは予防策をしっかりと行うべき

老人ホームで起こったO157の食中毒。
高齢者が入居している老人ホームでは特にO157に対する予防策をすることが求められます。

高齢者は抵抗力が弱くなっています。
また様々な病気を持っていることも多く、体力が低下している人たちが多くなっています。


そうした人たちがO157に感染してしまうと重症化してしまい、最悪の場合命を落としてしまうことにもつながります。
そのため老人ホームでは細心の注意をしながら調理をするべきではないでしょうか。

またO157以外の食中毒や感染症に関しても注意をして、安心して生活できる支援をしていくことが求められます。


2016年10月22日 15:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop