最近話題のオメガ3!どういった効果が期待できるのか?
オメガ3をご存知ですか?
オメガ3の効果は血液をサラサラにする効果があるとされているものです。

そのオメガ3に分類されるものは亜麻仁やえごまなどになります。
オメガ3は健康に害を与えることはないのですが、他の油の中には健康を害するものもあります。

これは油を構成している脂肪酸の種類によります。

オメガ3の効果とは

最近話題のオメガ3!どういった効果が期待できるのか?についてのイラスト 油の中でも健康に良いとされているオメガ3系の油。

亜麻仁油やえごま油がこのオメガ3系の油に含まれています。
これらにはα-リノレン酸という脂肪酸が多く含まれています。

α―リノレン酸は身体の中で作ることができないものであるため、しっかりと食事の中で摂取しなければならないものです。

またオメガ3系の油の効果として挙げられているものには花粉症やアトピーの改善、精神安定効果、記憶力の維持など認知症の予防にもなります。
若い人はもちろん、高齢者にも摂って欲しい油なのです。

日本人に圧倒的に不足しているのがこのオメガ3系の油です。
青魚などに多く含まれているのですが、食の欧米化に伴い青魚などの摂取量が少なくなっていますので積極的に摂るべき油になります。

摂取を抑えたい油とは

オメガ3系の油は積極的に摂っていきたいのですが、逆に摂取を抑えたい油もあります。

それはオメガ6系と呼ばれる油です。
この油にはリノール酸と呼ばれる成分が多く含まれています。

以前は悪玉コレステロールを減らすという効果があるとされており、積極的な摂取が進められていたのですが、最近では摂り過ぎによる健康への影響が言われています。

外食した際や菓子パン、総菜などに含まれている油はほぼこのオメガ6系の油になります。
そのため意識していないといつの間にか摂り過ぎとなってしまうのです。


このオメガ6系を摂り過ぎてしまうことで考えられるのが動脈硬化を起こしてしまうことです。
動脈硬化は生活習慣病の1つであり、心筋梗塞などを起こしてしまうリスクになります。

まとめ

普段何気なく摂取している油類ですが、実は健康に良いものとそうでないものがあることをわかっていただけたでしょうか?

亜麻仁油やえごま油を積極的に摂るようにするのも良いのですが、サバやイワシなどの青魚にもこれらの油と同じオメガ3系の成分が含まれていますので、毎日の食事に取り入れてみるのはいかがでしょうか?

またバランスの良い食事を摂るようにするなど意識していきましょう。

外食や総菜は手軽に摂れるため時間の削減にはなるのですが、油が多く使われていうこともあります。
そのため毎日これらで済ませるということがないようにしましょう。


2017年8月11日 17:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop