男性保育士によるオムツ替えは嫌!?介護と保育の近しい関連性
男性保育士オムツ替え」という保護者の意見が話題となっています。
皆様はこの問題をどう感じるでしょうか?

また介護でも同様にオムツ替えがあります。
その時に男性介護職がオムツ替えをすることがありますが、これも同様のことと考えられるかもしれません。

保護者として「男性保育士に何か性的なことをされたらと思うと不安」という意見がありますが、保護者なら少なからずそうした思いを持っているでしょう。
しかし男性保育士を始め男性介護士も活躍する時代です。

どうしていくのが良いのでしょうか。

男性保育士が女児のオムツ替えをするのが嫌だ

男性保育士によるオムツ替えは嫌!?介護と保育の近しい関連性についてのイラスト 男性保育士の数が増えてきています。
しかしまだまだ女性保育士の数に対しての割合は少ないものですが…そうした男性保育士を始め、雇用している保育園での悩みが「男性保育士が女児のオムツ替えをするのが嫌だ」という保護者側からの意見として挙がっているようです。

この意見の背景には女児を狙った性的ないたずらなどのリスクがあるのではという不安があります。
これは男性の女児に対する性的いたずらが報道されており、件数も少なくないためではないかと思われます。

介護現場でも同様のことが

男性保育士だけが意見されているわけではありません。
介護現場でも女性に対して男性介護職がオムツ替えをすることがあります。

また入浴や排せつ介助をすることもありますが、原則的には女性の場合は女性の介護職が、男性の場合は男性の介護職が担当しています。

こうしたことから考えると男性保育士の場合でも女児のオムツ替えをせずに、女性保育士に任せるということになります。

しかし現場では常にそうしたことが守られる状態ではないこともあります。
時には男性がオムツ替えをすることになることもあるでしょう。

そのため男性が介助をするということに対して不安を与えないようにしていくことが職員側に求められます。

しっかりと信頼関係を築くことはもちろん、2人きりにならないなどの配慮も大切です。

大切なのは意識を持つこと

そして職員が性的な問題を起こさないことです。
一部の職員が性的な問題を起こしてしまったら男性保育士や男性介護職に対する思いが悪い方向に行ってしまい、疑われてしまうことになります。

そしてせっかく築いてきた信頼関係を失うことにもなりますよね。
そのため働く側の倫理観が大切になります。

しっかりと意識して関わっていくことでこの問題が少しずつ解決していくような気がしますが、今後どのようにこの問題が変化していくのでしょうか。


2017年4月20日 17:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop