公衆トイレの配置マップを!オストメイト患者や車椅子の方がわかりやすく!
オストメイト車椅子の人たちが外出した際に利用できる公衆トイレの場所が記載された配置マップを活用する取り組みが千葉県の松戸市と佐倉市で進められています。

オストメイトとは人工肛門ないし人口膀胱を持っている人を指します。
外出先にある公衆トイレでもオストメイトや車椅子の人たちが安心して利用できるトイレが記載されたものはあまり見かけません。

そのため外出時の不安を軽減しようと今回、行政が発行しているマップに利用できるトイレを載せる取り組みを進めています。

市議や地図会社、障害者団体が協力して作成

公衆トイレの配置マップを!オストメイト患者や車椅子の方がわかりやすく!についてのイラスト 民間の企業などが作成する地域の地図にはオストメイト対応のトイレや車椅子対応のトイレがどこにあるのかを表示するようになってきました。
しかし行政が作成する地図にはまだ普及していません。

行政が作る地図は災害時の避難経路が書かれているような防災マップの他、日常の生活に関する情報が載せられているものがあります。
そのように万一の時の他、日常生活で利用することが多い地図にもオストメイトや車椅子対応の公衆トイレを表記しておかなければ意味がありません。

こうしたことを踏まえ、市議や地図会社、障害者団体が協力して行政の地図に表記することになったのです。

オストメイトが利用できるトイレを普及させることも目的

車椅子の方が利用できる多目的トイレは普及が進み、ほとんどの公共施設や商業施設に設置されています。
しかしオストメイトの方が利用するトイレに関しては特殊性のためなのか普及が進んでいません。

オストメイトの方は外出先でもパウチと呼ばれる人工肛門や人工膀胱に装着する袋にたまった排泄物を破棄する、洗浄するなどの設備が備わったトイレが必要になります。

しかし現状ではそれほど普及されていないため、外出した際に不便を感じている方が多くなっています。

また観光地でもまだまだ車椅子トイレの設置がされていないところもあり、外出する際に排せつに関する不安が大きくなり外出を避けてしまうでしょう。

オストメイトの方はもちろん車椅子トイレを使用している方たちが安心して外出を楽しむことができるような環境を作ることが求められています。

まとめ

車椅子トイレやオストメイトのトイレはどのような人が使ってもいい設備になっています。
バリアフリーというよりもユニバーサルデザインにあたるようなトイレになるでしょう。

こうしたトイレが普及することで誰もが安心して外出できるようになります。
またそのトイレがどこにあるのかということが分かれば外出する時の計画にも役立ちます。

今後全国の自治体でこのような取り組みを進めていくべきことだと思います。


2016年11月18日 19:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop