ペット信託とは?高齢者が飼うペットに次の生活を!
ペット信託というものが注目されています。
ペット信託とは飼い主がペットに残したい財産管理者に信託することです。

ペットに残したい財産とはペットのための飼育費用のことを指します。
信託の際に新しい飼い主の指定もしておくため、飼い主に万が一のことがあってもペットが安心して過ごすことができるというのが特徴です。

高齢者世帯や一人暮らしの高齢者が増え、ペットと暮らしたい・暮らしている高齢者も多くいますが、自分自身に何かあった時の備えはどうしたらいいのかと悩んでいる方にとって注目すべきことです。

ペット信託とは何か

ペット信託とは?高齢者が飼うペットに次の生活を!についてのイラスト ある行政書士がペット信託というものを開発しました。

ペット信託とはいったいどのようなものなのでしょうか?
ペット信託とは、飼い主がペットに残したい財産を管理者に信託するシステムのことです。

飼い主Aさんが病気などによりペットを飼い続けることが難しくなった時にあらかじめ指定しておいた管理者がペットを飼い続けるための費用を新たな飼い主Bさんに支払っていきます。

そのため新しい飼い主も費用の心配がなく、ペットと一緒に暮らすことが可能になります。

高齢者にとってメリットがある

一人暮らしの高齢者や高齢者のみの世帯では、ペットを飼っていることが多くあります。

誰もいないさみしさや孤独感をペットと一緒に過ごすことで緩和していると考えられます。

しかし高齢者がペットを飼う、ということは万が一のことを考えておくことが必要です。
いつ病気やけがなどでペットと一緒に暮らすことができなくなるか分からないためです。


そのためペット信託を利用し、自分自身がペットと一緒に過ごすことができなくなってしまってもペットがその後も安心して生活できるようにしておくことが大切なのです。

万が一の時に急に新しい飼い主を探すのは困難です。
また託された家族にとっても飼えない事情があればなおさら大変です。

そうしたリスクを避けるためにも今後、このようなペット信託がメジャーになっていくと高齢者がペットを安心して飼うことができるようになると考えられます。

まとめ

ペット信託はまだ開発されたばかりであり信託を利用している方は少数です。

しかし飼い主が何らかの事情により飼い続けることができなくなってしまったとしても、しっかりとその後のことを考えているだけでも、ペットが幸せな生活を送り続けることができます。

ペットを飼うなら最期まで責任を持つ、ということをしっかりと認識し、対策を行っていくことが高齢者に限らず飼い主全体に必要なことであると言えます。


2017年6月24日 17:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop