老犬ホームがペットの世話を!?高齢になってもペットが飼えるように
ペット最期まで飼うことができる老犬ホームが注目されています。
老犬ホームは飼い主の高齢化に伴い世話ができなくなった時に預かり、最期まで世話をする施設です。

平成25年の9月からは終生飼養が法令で定められています。
しかし高齢者にとって自分が先に最期を迎えたらと思うとなかなかペットを飼うことに対して不安を感じてしまいます。

そうした時に老犬ホームがあると安心してペットと暮らすことができます。

老犬ホームとは

老犬ホームがペットの世話を!?高齢になってもペットが飼えるようにについてのイラスト 老犬ホームをご存知ですか?

その名の通り、老犬ホームとは高齢になったペットを受け入れ、最期まで世話をする犬を始めとするペットのための施設です。
飼い主が高齢になってしまったケースや高齢になったペットの介護などができないケースなどを受け入れ、ペットたちが安心して生活できるようにするために開設されています。

平成25年9月には動物愛護管理法が改正され、飼い主がペットを最期まで責任をもって飼う終生飼養が定められました。

しかし飼い主が高齢者である場合にはペットよりも先に介護状態などになり飼い続けることが困難になるケースもあります。
そうした時に預け先として老犬ホームがあるのです。

高齢者になってもペットと暮らすことができる

子供たちと離れて暮らしている高齢者や配偶者に先立たれてしまった高齢者などは孤独を感じています。
そうした時に犬や猫などのペットと過ごしたいと思う人も多くいるでしょう。

また昔から飼っているペットがいる場合もあります。

飼い主が高齢者の場合には病気やけがなどにより急に介護が必要になる、自宅での生活が難しくなることでペットを飼い続けることができない状態になることも考えられます。
一方、ペットが高齢の場合にも同じように介護が必要になることもあるため、終生飼養はなかなか難しいことです。

しかし大切なペットの飼育が難しくなる時もあります。
そうした時にペットも飼い主も安心して生活できるような老犬ホームがあると高齢者でも安心してペットと暮らすことができます。

まとめ

高齢者にとってペットは孤独の解消など様々な効果があります。
また昔から一緒に生活をしているペットがいるのであれば子供と同様の愛情を持ちながら暮らしているでしょう。

しかし終生飼養が定められたことをきっかけにペットを一緒に暮らしていくことに不安を感じた高齢者もいるのではないでしょうか。
もし自分に何かあった時に困らないよう、またペットが安心して暮らしていけるよう老犬ホームの存在を知っておくことも大切なことと言えます。


2016年11月3日 12:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop