PM2.5(微小粒子状物質)とはどんなもの?体にはどのような影響があるのか!?
大気汚染によりPM2.5が問題視されています。
PM2.5とは微小粒子状物質のことで大気中に浮遊している物質です。

このPM2.5はその名称の通り粒子が細かい物質であるため肺に入り込みやすく呼吸器疾患や循環器疾患の原因となりやすいものです。
また呼吸器疾患や循環器疾患のリスクの他、脳にも影響を与え、認知機能障害のリスクをもたらすとされています。

PM2.5(微小粒子状物質)とは

PM2.5(微小粒子状物質)とはどんなもの?体にはどのような影響があるのか!?についてのイラスト PM2.5とは大気中に浮遊している粒形2.5μm以下のサイズの物質です。
このサイズは髪の毛よりも細いもので、肺の奥まで入り込みやすく肺がんなどの呼吸器疾患、循環器疾患のリスクが高まります。

工場からの煙や排ガス、たばこの煙にも含まれているものです。

含まれている物質には炭素、硝酸塩、アンモニウム塩、硫酸塩、ケイ素、ナトリウム、アルミニウムなどがあるとされています。

中国では日常的にPM2.5に悩まされているようで軍を中心として対策に介入しています。
そのため日本でも中国から飛来するPM2.5の量は減少しています。

しかし日本では受動喫煙についての認識が低く、たばこの煙に含まれているPM2.5に対する意識は低いままです。

PM2.5が及ぼす影響

髪の毛よりも細く、肺に入り込みやすいこのPM2.5により呼吸器疾患や循環器疾患のリスクを引き起こします。
またもともと喘息や気管支炎を持っている人の場合にはその病気の症状が悪化してしまうことにもなります。

さらにアトピーなどのアレルギー疾患も悪化してしまうことがあるため、そのような持病を持つ人は注意が必要です。

そして短時間PM2.5を吸い込むだけでも様々な症状を引き起こしてしまいます。
例えばのどの痛みや目の充血やかゆみなどの結膜炎症状、鼻水・鼻づまりなどの鼻炎症状などが挙げられます。


長期間慢性的にPM2.5に触れることによるリスクとしては、狭心症などの循環器症状や喘息や慢性閉塞性肺疾患などの呼吸器症状の発症率が上がってしまいます。
また肺がんのリスクも高まるとされています。

まとめ

以前から中国で生じているPM2.5が問題となっていますが、中国側は大気汚染を問題視し改善に向けての対策を講じています。
またたばこの煙にもPM2.5が含まれているということが分かっていますが、日本ではまだそれほど重要視しているようには見えません。

そのため大気汚染だけに注目しているとPM2.5が身近にあるということに気付きにくいものです。
今後受動喫煙など、身近なものによるPM2.5を吸い込むリスクについてももう一度理解し、対策を講じていく必要があると言えます。


2016年11月20日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop