離婚の財産分与の問題、我が身にふりかかる問題かもしれません!
熟年離婚が増えています。離婚の際には財産分与が発生するのですが、その財産分与での問題も多くなっています。

財産分与とは夫婦が結婚している間に作り出した共通の財産のことです。
貯蓄はもちろん、持ち家なども対象になります。

「自分は離婚しないから大丈夫」と思うのではなく、もしかしたらに備えて共通財産の確認や年金分割についても考えておくことが必要なのかもしれません。

離婚時の財産分与とは

離婚の財産分与の問題、我が身にふりかかる問題かもしれません!についてのイラスト 結婚生活をしてきた中で作り出した財産があります。
貯蓄や持ち家などが対象です。

もし離婚するとなった時にはその共通財産を分割することになります。

今、夫婦間にどのくらいの財産があるのか把握していますか?
もしかしたら離婚したいと夫婦のどちらかが話をしてきた際には共通財産を把握しているかもしれません。


そしてなるべく多くの財産分与になるように計画しているかもしれません。

「自宅は自分名義だから大丈夫」と思っている方もいるかもしれません。
しかし「夫婦の協力がなかったら自宅を建設することができなかった」とみなされて分割の対象になることもあるそうです。

同様に車や掛け捨てでない生命保険なども対象になるとのこと。
一方、共通財産にならないものとしては結婚前の貯蓄や親から相続した財産になります。

年金の分割は?

離婚をした際に厚生年金を分割することができる制度があります。
この場合、お互いが納得した分割ができれば問題はないのですが、どうしてもお金が絡むこともありトラブルになってしまうことも多いようです。

厚生年金を分割するには3つの条件があります。

1つ目は結婚している間、厚生年金の保険料を支払いしている、2つ目は夫婦の合意または裁判手続きにより分割割合を決めている、3つめは離婚から2年以内という条件です。

自分の年金額がいくらになるのかということを知らなければ夫婦における合意も難しいところです。

そうした時には年金事務所に出向き、「年金分割のための情報提供請求書」をもらいましょう。

老後資金のことよりも夫婦円満?

離婚をした際に、老後資金のために貯蓄していたものも分割することになり、その後の生活が不安になってしまうというケースもあります。
平均寿命が長くなり続けている今、離婚後も生活をしていくためにはそれなりの費用が必要になります。

しかし老後資金のことを考えるよりも最期まで夫婦関係を良好に保つことが大切なのではないでしょうか。

離婚をするということでエネルギーを使い果たすよりも、お互いに良い関係のまま過ごすことができるように思いやりを持ち、生活をしていきませんか?


2017年1月16日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop