介護サービスの利用者数が初の600万人越えへ!
2015年度の介護サービス利用者数が600万人を超えたと厚生労働省が発表しました。

2014年度と比較すると168100人増になり、過去最大の人数を更新したとのこと。
また2003年から行われているこの調査ですが、その頃と比較すると230万人以上増加しており、1.6倍になっています。

このように介護サービス利用者数が増加しているのは日本が今置かれている現状の高齢化社会や長寿化が背景にあると推測できます。

介護給付費等実態調査による介護サービス利用者数等の推移

介護サービスの利用者数が初の600万人越えへ!についてのイラスト 厚生労働省が行っている介護給付費等実態調査ですが、これは介護サービスの利用者数の調査も含まれています。
またこの調査の目的として介護サービスに係る給付費等の譲許の把握や介護保険制度が円滑に運営されるための資料を得るために行われています。

8月31日に発表された介護給付費実態調査の結果では平成27年5月から平成28年4月までの期間に介護サービス(介護予防サービスを含む)を受給した人は61392.0千人となっています。
そのうち介護予防サービスの受給者数は13768.8千人であり、介護サービス受給者数は48192.2千人となっています。

前年度の総受給者数は59685.5千人と発表されていますので、前年比で約1700千人増となっていることが分かります。

サービス別に見た介護サービス利用者数と受給額

介護給付費等実態調査ではサービス別に見た利用者数や1人当たりの負担額についても調査しています。

平成28年4月審査分の受給者1人当たりの費用額は1円となっています。
前年度と比較すると0.8千円の減少になっています。また介護サービス種類別に見た費用額は介護サービスで190.9千円、介護予防サービスで36.6千円となっています。

種類別に見た受給者人数については、在宅サービスの中では車椅子などの福祉用具貸与が増加傾向であり、前年比で約9万人増加しており213万人がサービスを利用していました。
また通所介護と訪問介護の利用者数も増加しており、通所介護が前年比約7万人増の約191万人、訪問介護が約4700人増の約142万人だったのことです。

施設サービスでは介護療養型病床が減少した以外は利用者数が増加しています。
特別養護老人ホームでは約2万人増の64万人となっており、老人保健施設では54万人が利用したとの結果が報告されています。

まとめ

介護サービス利用者数は年々増加していることが調査結果のデータからも判明しています。
また介護サービス利用者数が多いのはもちろん、介護予防サービスの利用者も増加していることも分かっています。

今後も高齢者の数が増加します。そのため介護サービスや介護予防サービスの利用者の数も増えていくでしょう。

しかし増加に歯止めがかからなければ介護保険の財政圧迫が大きくなってしまい、介護保険料の負担も大きくなってしまいます。
できるだけ介護サービスを必要とせずに生活できるように意識して生活をしていきたいものです。


2016年9月5日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop