老眼鏡は40代から!正しい選び方について紹介!
40代でも老眼で悩んでいる方、少なくないのですが正しい老眼鏡の選び方をご存知でしょうか?
最近では遠近両用メガネも多く販売されており、デザインも様々で老眼鏡に対する抵抗感はなくなってきています。

一方、遠近両用メガネにしてしまうと、遠くから近くを見た時またその反対の時にゆがみが生じ、気持ち悪くなってしまうことがあります。
そうしたトラブルを少なくするためにも正しいメガネの選び方を知っておくようにしましょう。

近くを見た時と遠くを見た時のゆがみが気になる場合

遠近両用メガネを使っている方の中にはゆがみが気になるという方もいます。
これは遠くを見る用と近くを見る用の度数の差が関係しています。
この差が大きい程ゆがみが生じやすくなってしまいます。

  そうした悩みを抱えている方の場合には「二重焦点レンズ」と呼ばれるものを使用するのがおすすめです。
しかし見た目があまり良くないのが難点です。

もし見た目重視なら老眼が軽度の40代のうちから使い始めるようにすると慣れやすいとされています。
またフレームの選び方によっても慣れやすさが変わりますので、レンズの縦の長さが32㎜以上になるようなものを選ぶようにしましょう。
こうすることによって度数の変化の割合が緩やかになるためです。  

しっかりと眼科で診察を受けてからメガネを作成する

また眼科で視力検査や老眼以外の疾患がないかどうかを診断してもらうことも大切です。
その後、メガネ屋で購入するのですが、公益社団法人日本眼鏡技術者協会の「認定眼鏡士」資格を持つ人が在籍しているメガネ屋を選ぶようにしましょう。

メガネを作った後にも注意しなければならないことがあります。
それはフレームが歪んでしまわないようにすることです。
フレームが歪んでしまうと焦点が合わなくなり、見づらいなどのトラブルにつながります。
購入後も定期的にメンテナンスをするようにして、しっかりと自身に合うメガネを使うようにしてください。  

まとめ

老眼鏡の寿命は2年と言われています。

レンズのコーティングが剥がれる、細かな傷がつくなどの劣化が起こります。
そうしたメガネでは度が合わずに見えにくくなってしまう原因にもなります。

また眼科で老眼以外の疾患がないかどうかを確認しておくことも大切です。
度数の合わないメガネを使っていることで眼だけではなく、他にも影響が出てくることもありますので、しっかりと合うメガネを使用するようにしましょう。


2017年11月7日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop