高齢者の皮膚に多い老人性白斑ってどんな病気?
老人性白斑という皮膚の病変をご存知ですか?
加齢によって起こる皮膚の病変なのですが、中高年以降に多く発生するものです。

皮膚の病変であるため、見た目にも分かり期になる人が多くいるでしょう。

しかし有効な治療方法はまだ確立されていなく、軟膏塗布や紫外線療法を行うことがありますが効果の保証はされていないようです。

老人性白斑はなぜ起こるのか

高齢者の皮膚に多い老人性白斑ってどんな病気?についてのイラスト 中高年以降に多く発症する老人性白斑。50代では70%の人に起こると言われています。

この老人性白斑は皮膚に白斑と呼ばれる白い斑点が生じるものです。

痛みやかゆみなどの症状はなく、生じても特に気にしていないという人も多くいるのではないでしょうか。

この老人性白斑は加齢によって起こるとされています。

加齢により色素細胞やメラニン色素が減少するために起こるのではと言われていますが、原因は確立されていません。

また痛みやかゆみも生じず、悪性に変化することもないため治療せずに様子を見る場合が多いです。

気になる人には軟膏を用いた治療や紫外線療法とばれる治療を行うことがありますが効果は保証されていません。

老人性白斑が気になる人には

50代の70%に発症していると言われている老人性白斑ですが、悪性化しないとはいえ見た目にもはっきりと分かることが多く気になる人も多くいるのではないでしょうか。

そうした時に治療で効果が得られず、悩んでしまう人もいると思います。

そうした時には「カモフラージュメイク」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

カモフラージュメイクは顔など目立つところに傷やあざがある人対象に行われているメイク方法です。

老人性白斑を始め、顔など目立つところに傷やあざがある場合、人との交流を避けてしまう傾向があります。

そして 自分自身に自信が持てずに精神的にも苦しんでしまう人が多くなるでしょう。

カモフラージュメイクはそのような人に行い、老人性白斑や傷やあざを目立たなくすることで自信をつけ、精神的にもそれらの障害を乗り越えていくためのツールになっています。

現在、国内にはカモフラージュメイクを行っているNPO法人や医療機関が多くなっています。

まとめ

治療しなくても身体に害がないとされている老人性白斑ですが、見た目が気になる箇所に生じてしまったら人と関わることを避けるようになってしまうと考えられます。

そうした時にカモフラージュメイクができたら、少し気持ちも落ち着くのではないでしょうか。

カモフラージュメイクは小学生を始め、様々な人が行っているものです。

メイクをすることで傷などを隠すことで自分らしく生活できるのであればとても有効なツールになります。

老人性白斑で悩んでいる人を始め、様々な人を支援するカモフラージュメイクがどこでも受けることができる環境になるといいですね。


2016年10月4日 12:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop