RSウイルスが急増中!?大人が感染した場合の症状って?
今流行しているRSウイルス。 子供たちだけが罹るものだと思っている人もいるでしょう。

しかし大人にも罹ってしまうことがあります。症状としては鼻水や咳、さらに38度以上の高熱が出ます。

乳幼児を始め、高齢者がRSウイルスに罹ってしまうと重症化しやすく最悪の場合には命を落とすこともありますので注意が必要です。

RSウイルスとは

RSウイルスが急増中!?大人が感染した場合の症状って?RSウイルスが急増中!?大人が感染した場合の症状って?についてのイラスト RSウイルスに感染している人の咳や鼻水にウイルスが含まれています。
感染者が咳をすることにより近くにいる人にウイルスが付着し、感染してしまいます。これを飛沫感染と言います。

症状は38℃から39℃の発熱、咳や鼻水などです。
そして上気道炎と呼ばれる炎症を起こしてしまい、気道が腫れてしまうことにより呼吸の際に「ぜーぜー」「ひゅーひゅー」と聞こえることもあります。

また肺炎などを起こすこともあり、抵抗力が弱い乳幼児や高齢者は重症化しやすく注意が必要です。

大人の場合には

2歳までにほとんどの子供が罹るとされているRSウイルスですが、一度感染したからといって再感染しないわけではありません。

しかも普通の風邪と症状がそれほど変わりないため「風邪かも」と思っていたことがRSウイルスによる感染症だった可能性があります。

大人がRSウイルスに感染した場合でも子供と同じような症状が出ます。
38℃から39℃の発熱を始め、鼻水や咳などです。
風邪と変わりがないような気がしますがRSウイルスの場合には咳が長く続くという特徴があります。

ひどい場合には喘息のような咳が続くこともあり、苦しさを感じ、長く続くような咳の場合には速やかに受診しましょう。

大人の場合RSウイルスに感染しないように注意をしなければいけない人は高齢者や喘息の既往がある人、妊婦など抵抗力が弱っている人です。

これらの人たちがRSウイルスに感染してしまうと上記の症状が悪化してしまい、肺炎などを起こしてしまうリスクが高くなります。

肺炎を起こしてしまった場合には最悪の場合、命を落とすこともありますので早めの受診をしましょう。

手洗いうがいをしっかりと行う

今流行しているRSウイルスの他、これからはインフルエンザも流行する時期になります。
これらのウイルスを予防するには手洗いやうがいをしっかりと行うようにしましょう。

手洗いは石鹸をつけて流水でしっかりと行います。
手の指と指の間もしっかりと洗いましょう。また消毒スプレーなどを持ち歩いてこまめに消毒することも効果的です。

また手すりなどの不特定多数が触るところにはウイルスなどの病原菌が付着しています。触った後は手洗いをしましょう。

うがいもしっかりと行い、ウイルスを体内に入れないように心がけて元気に過ごしましょう。


2016年10月20日 12:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop