忙しいけど家族には手作り料理を食べさせたい…そんな時は料理代行サービス!
今、家事代行の中でも料理代行サービスが注目されています。
共働きの家庭が利用するイメージの家事代行サービスですが、高齢者からもサービス依頼が多くなっているとのことです。

一人暮らしの高齢者や高齢者のみの世帯では配食サービスを利用することが多くなるのですが、 この料理代行サービスを利用することで作りたての温かい食事や好みの料理を食べることができるようになります。

料理代行サービスとは

忙しいけど家族には手作り料理を食べさせたい…そんな時は料理代行サービス! 掃除などを自分たちに変わって代行してくれる家事代行サービス。

今では様々な企業がこのサービスを提供しています。

この家事代行サービスの中でも今注目されているのは料理を代行してくれる料理代行サービスです。

今までは共働きの家庭が多くサービスを依頼していました。

仕事をしながら子育てを行うだけでも大変であり、そのような家庭にとって家事代行サービスは救世主でもあります。

また料理をするのは大変…でも惣菜ばかりではなく手作りの料理が食べたいという希望を持つ人たちに料理代行サービスが人気です。

この料理代行サービスには 共働きの査定はもちろん、高齢者からの依頼も多くなっているとのことです。  

高齢者にとっての料理代行サービスのメリット

高齢者の一人暮らしや高齢者のみの世帯にとって食事はとても大きな問題になります。

買い物に行くのも大変、火を使うのは危ないから家族から止められている、そもそも料理ができないなど様々な問題があると考えられます。

そして配食サービスを利用して食事をしている高齢者が多いのではないでしょうか。

しかし配食サービスに飽きてしまい、温かい食事を食べたい、好みの食事を食べたいと思う高齢者が今、料理代行サービスを依頼しているようです。

料理代行サービスでは依頼者の好みなどを確認し、料理をしてくれます。

そのため好みの食事が食べられるので料理をしないまたはできない高齢者にとってはとてもうれしいのではないでしょうか。

そして高齢者にとって料理代行サービスの スタッフが訪問してくれることで安否確認やコミュニケーションの機会となります。

特に一人暮らしの高齢者や高齢者のみの世帯では他者とのコミュニケーションが不足しがちであり、家に閉じこもりがちになっています。

そのためスタッフが訪問することで料理をしながら会話をすることができる料理代行サービスは食事面だけでなく、高齢者にとって良い影響をもたらすもののような気がします。

まとめ

介護保険改正で生活援助でも変更になりました。

そのため軽度の人にとっては食事などの家事に対して不安が大きくなってしまうでしょう。

その時に上記のような家事代行や料理代行サービスを依頼できることは安心材料になります。

また同時に安否確認やコミュニケーションの場としても機会を持てることも高齢者にとってメリットになるような気がします。

今後高齢者向けの家事代行や料理代行サービスも充実してきたら嬉しいです。


2016年9月26日 15:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop